無職でも作れるイオンカード(クレジットカード)の記入例

無職の私でもイオンカード(クレジットカード)を作ることができました。
クレジットカードの審査に通るコツやイオンカードの特典などの情報を提供しております。

イオンカードは即日発行されません(発行される仮カードの紹介)

Pocket

 

イオンカードは、店頭での申し込み当日には発行されません。当日に発行されるのは、仮カードになります。

イオンカードの仮カード
(注)この画像は、仮カードのイメージ画像です。実際の仮カードとは違います。

仮カードは、上に載せたイメージ画像のような見慣れないイオンカードです。

なお、実際の仮カードは、仮カードと分かるように、紺色ではなく、緑色に近いデザインです。

 

イオンカード
仮カードではない正式なイオンカードです。

仮カードと正式なイオンカードの違いに、お気づきになると思います。

即日発行される仮カードの特徴や、正式なイオンカードが、いつ送られてくるかなどについて紹介します。

 

イオン店舗(イオンモール)でイオンカードを申し込まれる方の参考になれば幸いです。

 

<追記 「カード店頭受取りサービス」が開始>

インターネットからイオンカードを申し込み、イオン系列の店舗で仮カードを受け取るサービス(カード店頭受取りサービス)が開始されました。

*対象カードは、現在、イオンカード(WAON一体型)のみです

イオン店舗に行く前に、インターネットで申し込み、イオン店舗で即時発行の仮カードが受け取れます。審査は、申し込み後、約30分程度で完了し、メールで結果が届きます。

 

申し込み方法は、通常のインターネットからのイオンカードの申し込みと同じです。

イオンカードの店頭での受取り
*イオンカードの申し込み画面です

申し込みの最後に、店頭で即時発行の仮カードを受け取るか質問がありますので(上記の画像参照)、希望される方は、「店舗で受取ります」を選択し、希望の受取り店舗を指定ください。

 

このサービスのメリットは、インターネットからの申し込み時の入会キャンペーンが適用されることです。店頭での申し込みより、多額のキャンペーンが適用されます。

店舗で受け取れる仮カードは、以下で紹介する仮カードと同じもので、イオン系列の店舗およびイオンカードの加盟店で使えます。

イオンカードの公式ホームページによれば、現在、「カード店頭受取りサービス」の対象カードは、イオンカード(WAON一体型)のみです。

 

イオンカード(WAON一体型)を希望される方は、検討されてみてはいかがでしょうか。注意事項などは、お手数ですが、公式ホームページで確認ください。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

イオンカードの即日発行とは

イオンカードの公式ホームページ(暮らしのマネーサイト)には、イオンカードの「即日発行」という表現はないように思います。

しかし、イオンモールなどでは、「即日発行」という表現で、イオンカードの申し込みを募集していることがあります。

イオン店頭でのイオンカードの即日発行とは、正式なイオンカードの発行ではなく、仮カードの発行を意味します。

<追記>

「カード店頭受取りサービス」が開始され、公式ホームページでも、「即時発行」という表現がされるようになりました。

 

仮カードと正式なイオンカードとの違い

仮カードは、正式なイオンカードと違い、制限のあるカードです。

国際ブランドが使えないイオンブランド(国内ブランド)のカード

一番大きな制限は、国際ブランドが使えないことです。国際ブランドとは、VISA、MasterCard、JCBなどの世界各国で使えるクレジットカードブランドです。

イオンカードの仮カード
(注)この画像は、仮カードのイメージ画像です。実際の仮カードとは違います。

 

仮カードは、国際ブランドがなく、イオンマークのみがついている(イオンの国内ブランド)のカードになります。

国際ブランドなし

イオン系列の店舗では、問題なく使えますが、原則として、イオングループの店舗以外では使えません。

具体的には、イオン店舗(イオンモール)、マックスバリュ、ビブレ、サンデー、ザ・ビッグといったイオン系列の店舗で、仮カードは使えます。

また、ダイエーもイオングループのため、仮カードが使えます。

イオンカードについている国際ブランド、国内ブランドについて、イオンカードが使える店で、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

追記

ときめきポイントをワタミグループの食事券に交換し、ワタミ店舗に行ってきました。よろしければ、ときめきポイント(イオンカードのポイント)のお得な交換も、参考にしてください。

イオンのマーク

ワタミ店舗のレジで表示されているクレジットカードの種類に、イオンマークがありました。

ワタミは、いつでも食事が5%OFFになるワタミふれあいカード(イオンカードの提携カード)で、イオンと提携しています。

ワタミふれあいカード

このような提携先(イオンカードの加盟店)であれば、イオン店舗以外でも、仮カードで支払いができますので、追記として補足しました。

 

電子マネーWAON機能はついていません

仮カードでは、電子マネーWAONが利用できません。

WAON機能なし
WAONが一体化されているイオンカードを申し込みの場合でも、仮カードには、WAONの機能はありません。

 

ショッピング枠などの制限

即日発行を行っていたイオンモールでは、仮カードは、ショッピング枠のみが比較的少ない金額で与えられ、キャッシング枠はないと説明していました。

仮カードの与信枠(ショッピング枠、キャッシング枠)は、正式なイオンカードよりも低い設定がされるようです。

 

即日発行の対象カード

即日発行を行っていたイオンモールでは、以下のイオンカードのみが、即日発行ができると説明していました。

  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカードセレクト

*上記以外のカードでも申し込みができる場合があります(申し込みをされる店舗に確認ください)

 

インターネットからの申し込みをおすすめします(参考)

国際ブランドの使える正式なイオンカードは、当日には発行されません。

イオンカードの入会キャンペーン
インターネットから申し込み時のキャンペーンです(このキャンペーンは終了しています)

店頭での仮カード発行よりも、入会キャンペーンの金額が大きいインターネットからの申し込みが、お得です。キャンペーンの金額は、おおむね、以下のとおりです。

  • 店頭・・・最大で1,000円程度(実施していないときあり)
  • インターネット・・・最大で5,000円程度(継続的に実施中)

イオンカードの店頭申し込みキャンペーンは、お得ではありませんで、店頭とインターネットのキャンペーンの比較をしていますので、よろしければ、参照ください。

 

現在のキャンペーンは公式ホームページで確認ください ⇒ イオンカード(WAON一体型)

店頭での申し込みから正式なイオンカードの発行までの流れ

全てのイオン店舗が、仮カードの即日発行に対応しているわけではありません(大規模な店舗ほど、対応している可能性が高いです)。

イオン店舗

対応していない店舗では、申し込み当日の仮カードの発行はなく、後日、イオンカードが郵送されてきます(2週間程度を目安にしてください)。

以下は、仮カードの即日発行に対応している店舗での流れになります。

*一般的な流れを紹介しています。詳細は、実際に申し込まれる店舗に確認ください。

 

受付時間

即日発行を行っていたイオンモールでの受付時間は、午前10時から午後5時30分となっていました。参考にしてください。

 

即日発行の申し込みに必要なもの

仮カードの即日発行には、以下のものを用意する必要があります。

運転免許証

本人確認書類として、運転免許証が必要になります。

運転免許証

申込書に記入した「お名前」、「ご自宅住所」、「生年月日」と運転免許証の記載内容の一致により、本人確認が行われます。

銀行口座(振替口座)のキャッシュカード

イオンカードの利用代金を支払う銀行口座のキャッシュカードが必要です。

通帳および銀行のお届け印を、キャッシュカードの代わりにすることもできます。

 

店頭での申し込み直後の審査

仮カードは、機能が限定されたイオンカードになりますが、ショッピング枠が与えられるため、審査が必要になります。

イオンカードの審査のイメージ画像

審査時間は、おおむね1時間以内です。審査に通れば、仮カードが発行されます。

審査結果によっては、仮カードが即日発行されない場合もあります。この場合は、審査が保留されているか、もしくは、審査落ちになります。

審査が保留されている場合は、時間をかけた審査に通ることにより、後日、イオンカードが郵送されてきます。

 

正式なイオンカードの発行日数

正式なイオンカードは、後日、郵送されてきます。

到着までの日数ですが、インターネットからの申し込みと大きな違いはないでしょう。

インターネットでの申し込みからカード到着までの流れを、イオンカードの申し込みから届くまで(発行日数を日付つきで紹介) で、紹介していますので、よろしければ参照ください。

店頭での申し込みから、2週間程度で郵送されてくると思います。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

仮カードのメリットとは

仮カードは、イオン店舗以外でのショッピングには使えないクレジットカードです。

このため、海外旅行前に、海外で使えるクレジットカードを急いで作りたいといった方の要望は、全く満たせません。

しかし、仮カードにも、以下のメリットはあります。

 

イオン店舗でのクレジット払い

当たり前のことで恐縮ですが、仮カードに与えられたショッピング枠により、イオン店舗に限定されますが、クレジットカード払いでの買い物ができます。

イオンカードの特典

仮カードは、イオンマークのついているイオンカードのため、イオンカードの特典の適用があります。

お客さま感謝デー

5%OFFの特典の日であれば、割引が適用されます。また、ときめきポイント(イオンカードのポイント)も、仮カードの利用で貯まります。

 

仮カードのメリットを考えると、資料請求により申込書を入手して、申込書の郵送でイオンカードを申し込むよりは、店頭で仮カードを発行してもらった方が、お得といえます。

しかし、インターネットから申し込みをして、入会キャンペーンのポイントをもらった方が、さらに、お得です。

最後に

店頭で即日発行されるカードは、国際ブランドのついていない仮カードになります。

このため、仮カードではない正式なイオンカードの発行日数が、店頭での申し込みにより短くなることはありません。

入会キャンペーンは、インターネットからの申し込みの方が、お得になります。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

 

イオンカード(WAON一体型)より、特典の多いイオンカードセレクトも、おすすめです。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカードセレクト

イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトの違いも、参考にしてください。

どちらのイオンカードもインターネットからの申し込み限定で、入会キャンペーン中です。

 

他の種類のイオンカードについても紹介しています(イオンカードは複数枚作れます)。

イオン店舗(イオンモール)でイオンカードを申し込まれる方の参考になれば幸いです。

Pocket

公開日:2016/03/15