クレジットカードで、お得な買い物をしています

普段の買い物で、クレジットカードを使い、お得な割引などを受けています。
実際に使っているクレジットカードの特典などの情報を提供しております。

イオンカードのデメリット(ユーザーとしての感想)

 

イオンカードセレクトを利用しています。

イオンカードセレクト
利用中のイオンカードセレクトです

 

イオンカードには、多くのメリットを感じています。しかし、部分的には、デメリットも感じます。

一人のユーザーとしての感想や要望になりますが、イオンカードに感じるデメリットを紹介します。

また、イオンカードのメリットについて、イオンカードのメリット(利点)で、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

 

イオンカードの作成を検討されている方の参考になれば幸いです。

ポイントのお得感が少ない(追記あります)

<追記>

2021年9月11日から、イオンカードのクレジット払いで貯まるポイントが、ときめきポイントからWAON POINTに変更になりました。

付与されるポイントが、ときめきポイントからWAON POINTに変更

以前は、デメリットとして、クレジット払い(ときめきポイント)とWAONまたは現金払い(WAON POINT)のポイントが違うことなどを記載していました。

今回の変更(ときめきポイントのWAON POINTへの統合)で、以前、記載していたデメリットについて、いくつか解消されました。

以下では、今回の変更にあわせて、修正(または追記)しています。

なお、今回の変更で、ポイントの還元率、イオン店舗での特典に変更はありません。

<追記終わります>

 

イオンカードの利用で貯まるポイントは、WAON POINTです(2021年9月11日より、ときめきポイントから変更になりました)。

付与されるポイントが、ときめきポイントからWAON POINTに変更

イオン店舗以外でのイオンカードの利用では、ポイントについて、お得感に乏しいといってよいと思います。

これは、イオンカードを利用される方の多くが感じているのではないでしょうか。

 

還元率が低い

ポイントは、買い物200円につき1ポイント付与されます。還元率は0.5%になります。

WAON POINTの還元率

還元率0.5%は高い数字とはいえませんので、還元率に、お得感はありません。

 

イオン店舗ではお得です(参考)

イオン店舗以外でのイオンカードの利用では、原則として、還元率は0.5%のため、お得感に乏しいといえます。

イオン店舗

 

しかし、イオン店舗での買い物では、以下の特典が適用されますので、最低でも、1%の還元率になります(最低でも200円で2ポイント)。

  • ポイント2倍(いつでも)
  • 毎月20、30日は5%OFF(お客さま感謝デー)
  • 毎月10日はポイント5倍(ありが10デー)
  • 55歳以上の方限定、毎月15日は5%OFF(G.G感謝デー)
  • ボーナスポイント対象商品の購入でボーナスポイント付与

お客さま感謝デーは、5%OFFに加えて、ポイント2倍のため、実質的には約6%の還元になります。

 

イオンのマーク
イオンのマークです

なお、上記のイオン店舗での特典は、イオンマークのついている全てのカードに、原則として、適用されます。

以前は、提携カードには適用されない特典も多くありましたが、現在は、提携カードも含めて、特典が適用されるようになりました。

よろしければ、全てのイオンカードに対応する特典の一覧表を作りましたも、参照ください。

 

イオン店舗で利用できる優待パスポート(参考)

イオンカードを利用される方には、イオン店舗で利用できるパスポート(優待割引券)が送られてきます。

対象外の商品もありますが、5%または10%の割引が受けられるため、イオン店舗で、お得な買い物ができます。

サンキューパスポート
優待パスポートのサンキューパスポートです

 

パスポートの種類や送られてくる条件については、よろしければ、イオンカードの隠れた特典のパスポートについてを、参照ください。

<追記>

2019年12月末でパスポートの郵送は終了し、イオンカード公式アプリ(イオンウォレット)での配信に変更されました。

上の画像は、パスポートが自宅に送付されていたときのものです。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

 

ポイントの計算は1件ごとです

ポイントの計算は、1件ごとです。1カ月ごとでは、ありません。

1件ごとに計算

買い物ごとに、200円未満の端数は切り捨てになりますので、ポイントが貯まりにくいです。

 

交換(利用)が1,000ポイントから(追記あります)

ポイントの交換(利用)は、1,000ポイントからになります。

交換は1,000ポイントから

1,000ポイント貯めるのは大変です(イオン店舗以外での買い物では、20万円の買い物が必要です)。

<追記>

貯まるポイントがWAON POINTに変わり(2021年9月11日から)、1ポイントからイオン店舗などでの買い物で利用できるようになりました。

(参考)WAON POINTの商品などへの交換は、1,000ポイントからになります。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

発行までに2週間程度かかる

イオンカードは、即日発行に対応していません。

即日発行を希望される方にとっては、デメリットになります。

イオン店舗(イオンモール)で即日発行できるのは、仮カードです。また、全てのイオン店舗が、仮カードの発行に対応しているわけではありません。

イオン店舗

仮カードは、VISA、MasterCardなどの国際ブランドがついていない、原則として、イオン店舗のみで利用できるカードです。

仮カードについて、イオンカードは即日発行されません(発行される仮カードの紹介)で、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

 

国際ブランド
               
イオンのマーク


また、イオンカードについている国際ブランド、国内ブランド(イオンのブランド)について、イオンカードが使える店で、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

 

国際ブランドの使えるイオンカードの発行には、おおよそ2週間くらいの時間が必要です。

イオンカードの発行までの流れを、イオンカードの申し込みから届くまで(発行日数を日付つきで紹介)で、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

 

追記 カード店頭受取りサービス

インターネットから申し込み、イオン店舗で即時発行の仮カードが受け取れる「カード店頭受取りサービス」が開始されました。

カード店頭受取りサービス

インターネットから申し込み時に、仮カードを店頭で受け取るか質問されますので、店頭での受取りを希望される方は、受け取る店舗を指定ください。

なお、「カード店頭受取りサービス」の対象カードは、下記の2種類のカードを含む主力のイオンカードです(ミニオンズのデザインのイオンカードも対象です)。

  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカードセレクト

 

イオンカードの店頭での受取り
申し込み時の「カード店頭受取りサービス」の選択画面です

 

審査は、インターネットから申し込み後、約30分で完了し、メールで結果が届きます(メール受信後、指定した店舗で、仮カードが受け取れます)。

インターネット限定の入会キャンペーンの適用があり(店頭申し込みのキャンペーンよりお得です)、仮カードが申し込み当日から使えるメリットがあります。

 

「カード店頭受取りサービス」の注意事項などは、お手数ですが、公式ホームページで確認ください。

公式ホームページは、こちらよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

特典の適用が分かりにくい

イオンカード(WAON一体型)といった標準的なイオンカードでは、イオンカードの特典が全て適用されます。

しかし、一部のカードについては、特典の適用が、変則的な取り扱いになっています。

 

イオンJMBカード
イオンJMBカードです

例えば、JALのマイルが貯まるイオンJMBカードは、ありが10デー(ポイント5倍)は、JMB WAON(電子マネーWAON)で支払い時のみ適用され、クレジット払いでは適用されません。

 

特典の適用のされ方には、一定のルールがありますが、ルールの例外もあり、分かりにくいと感じられる方もいるのではないでしょうか。

ポイントの還元が少ない理由として考えられること(感想)

イオン店舗以外でのポイントの貯まり方について、お得感がないと紹介しましたが、他のサービスはよいと感じています。

その分、ポイントでは、還元できないのかもしれません。

 

ショッピングセーフティ保険

イオンカードで購入した商品が、偶然による事故(破損など)で、購入日から180日以内に被害を受けた場合、全額が補償されるショッピングセーフティ保険がついています。

イオンカードについている保険

年会費無料のクレジットカードで、このような強い補償がついているカードは、他のカードでは、見当たらないように思います。

イオンカードの保険、補償については、イオンカードは年会費無料ですが、すごい保険、補償つきですで、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

 

コールセンターの対応

イオンカードのカスタマーセンターは、比較的つながりやすいと思います。数回、電話をしたことがありますが、いずれも丁寧な対応で、嫌な思いをしたことはありません。

イオンカードのコールセンター

困ったことが起きた場合に、全くコールセンターにつながらず困るということは少ないと思います。

 

イオンカードは、年会費無料のクレジットカードですが、サービスの質が低いと感じたことはありません。安心して利用できると思っています。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

最後に

イオンカードのデメリットとして、ポイントを中心に紹介しました。

ポイント以外のサービスについては、年会費無料のクレジットカードにもかかわらず、良好だと感じています。

また、イオン店舗で買い物をされる方には、特典が多く、おすすめできるカードです。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

 

イオンカード(WAON一体型)より、特典の多いイオンカードセレクトも、おすすめです。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒  イオンカードセレクト

イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトの違いも、参考にしてください。

どちらのイオンカードもインターネットからの申し込み限定で、入会キャンペーン中です。

 

他の種類のイオンカードについても紹介しています。

イオンカードを作る方の参考になれば幸いです。


関連記事