クレジットカードで、お得な買い物をしています

普段の買い物で、クレジットカードを使い、お得な割引などを受けています。
実際に使っているクレジットカードの特典などの情報を提供しております。

楽天カードよりもイオンカードの方がお得な場合について

 

イオンカードと楽天カードを利用しています。

イオンカード
   
楽天カード

利用中のイオンカード(WAON一体型)と楽天カードです

 

イオンカード、楽天カードともに、日本を代表する会員数の多いクレジットカードです。

また、楽天カードは、ここ数年、サービス産業生産性協議会の発表する日本版顧客満足度指数で、顧客満足度が1位になっています。

 

多くの場面で、楽天カードの方が、ポイントの還元ではメリットがあるといえますが、イオンカードを使った方が、お得な場合もあります。

楽天カードよりもイオンカードの方がお得な場合について紹介します。また、両者の比較もしています。

イオンカード、楽天カードを利用中の方、これから作成される方の参考になれば幸いです。

イオンカードと楽天カードの比較

イオンカードは、多くの種類があるため、代表的なイオンカードといえるイオンカード(WAON一体型)と楽天カード(一般カード)を比較しました。

カードの種類  
イオンカード(WAON一体型)
イオンカード(WAON一体型)
 
楽天カード
楽天カード
発行元 イオン銀行 楽天カード
国際ブランド VISA
MasterCard
JCB
VISA
MasterCard
JCB
デザイン ディズニー・デザインあり ディズニー・デザインあり
年会費 無料 無料
貯まるポイント ときめきポイント 楽天スーパーポイント
基本の還元率 0.5%(200円で1ポイント) 1.0%(100円で1ポイント)
電子マネー機能 WAON Edy
ETCカード 年会費無料で利用可能 年会費500円が必要
家族カード 年会費無料で3枚まで 年会費無料で5枚まで
主な特典 イオン店舗での割引など 楽天市場でのポイント割増など
ついている保険
(カード盗難保険は除く)
ショッピングセーフティ保険 海外旅行傷害保険

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒  楽天カード

 

主な違いは、以下のとおりです。

イオンカードは発行元が銀行

イオンカードは、銀行本体(イオン銀行)が発行する珍しいクレジットカードです。

銀行は、貸金業者ではないため、貸金業法の総量規制の対象外になり、キャッシング枠に対する法律の規制がありません。

イオン銀行

よろしければ、イオンカードのキャッシングは総量規制の対象外です も、参照ください。

楽天カードは、総量規制の対象のため、収入のない方(専業主婦の方など)に、キャッシング枠は付与されません。

 

デザイン

イオンカード(WAON一体型)には、通常のデザインに加えて、ミッキーマウス デザインが用意されています。

(参考)イオンカードセレクトにも、ミッキーマウス デザインが用意されています

イオンカード(WAON一体型/ミッキーマウス デザイン)
イオンカード(WAON一体型/ミッキーマウス デザイン)です

ミッキーマウス デザインのカードの特典や機能は、通常デザインと同じです。

 

楽天カードのFCバルセロナデザイン
楽天カードのFCバルセロナデザインです

楽天カードには、通常のデザインの他に、FCバルセロナデザインなど、いくつかのデザインが用意されています。

 

追記 イオンカード(ミニオンズ)

ミニオンズのデザインのイオンカードが、2017年7月から、発行開始されています。

イオンカード(ミニオンズ)
イオンカード(ミニオンズ)です

よろしければ、イオンカード(ミニオンズ)の特徴(他のイオンカードとの違いなど)も、参照ください。

イオンカード(ミニオンズ)は、イオンカード(WAON一体型)とは、別の種類のカードで、機能や特典に違いがあります。

詳細は、公式ホームページで確認ください ⇒ イオンカード(ミニオンズ)

 

追記 楽天カード(ディズニー・デザイン)

ディズニー・デザインの楽天カードが、2018年2月から、発行開始されています。

楽天カード(ディズニー・デザイン)
楽天カード(ディズニー・デザイン)です

詳細は、公式ホームページで確認ください ⇒ 楽天カード

 

貯まるポイントと還元率

  • イオンカード・・・ときめきポイント(基本の還元率0.5%)
  • 楽天カード・・・楽天スーパーポイント(基本の還元率1.0%)
ときめきポイント
楽天スーパーポイント

イオンカードはイオン店舗での利用、楽天カードは楽天市場での利用で、さらに還元率が高くなります。

ポイントの基本の還元率については、楽天カードの方が、お得感があります。

 

電子マネー

イオンカードの電子マネーはWAON、楽天カードは楽天Edyです。

WAONと楽天Edy
どちらも、多くの場所で使える電子マネーですが、WAONの方が多く利用されています(WAONは利用金額において、日本で1位の電子マネーです)。

 

ETCカード

ETCカードは、どちらのカードも追加で発行できますが、イオンカードの年会費無料に対して、楽天カードは年会費500円(税抜)が必要です。

ETCカード

よろしければ、イオンカードのETCカードは発行手数料、年会費が無料ですも、参照ください(ETCカードの即日発行の方法などを紹介しています)。

 

家族カード

どちらのカードも、年会費無料で、家族カードが利用できます。

発行できる枚数は、イオンカードが3枚まで、楽天カードは5枚までになっています。

家族のイメージ画像
イオンカードの家族カードについては、よろしければ、イオンカードの家族カードについて知っておきたいことも、参照ください。

 

ついている保険

クレジットカードには、カード盗難時の保険がついているのが、一般的です。カード盗難保険は、イオンカード、楽天カードともについています。

盗難保険に加えて、以下の保険がついています。

  • イオンカード・・・ショッピングセーフティ保険
  • 楽天カード・・・海外旅行傷害保険

イオンカードは、年会費無料のクレジットカードには珍しい購入品の破損などに対する補償がついています。

購入日から180日以内に起きた偶然の事故による損害が補償されます。

イオンカードについている保険

よろしければ、イオンカードは年会費無料ですが、すごい保険、補償つきですも、参照ください。

楽天カードは、購入品に対する保険はついていませんが、海外旅行傷害保険がついています(利用付帯のため、楽天カードで支払い時のみ、保険が適用されます)。

 

イオンSuicaカードは海外旅行傷害保険つきです

イオンカードにJR東日本のSuicaがついたイオンSuicaカードであれば、海外旅行傷害保険がついています(カード利用が不要な自動付帯です)。

イオンSuicaカード
イオンSuicaカードです

なお、イオンSuicaカードは、他のイオンカードと同じで、年会費無料です。

よろしければ、イオンSuicaカードを使って感じるメリットとデメリットも、参照ください。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒  楽天カード

楽天カードよりもイオンカードの方がお得な場合

イオン系列の店舗以外での利用では、ポイントの還元だけを考えると、ほとんどの場合、楽天カードの方が、お得といえます。

詳しくは、お手数ですが、公式ホームページで確認ください ⇒ 楽天カード

では、イオン店舗においては、どうなのでしょうか。

以下では、イオンカードと楽天カードで、イオン店舗で買い物をした場合のポイントの還元について、お得さを比較しています。

 

2016年6月より、イオングループのWAON POINTカードが開始されています。この影響で、イオンカードのポイントの貯まり方などが変更されています。

WAONPOINTカード
WAON POINTカードです

イオンカードには、WAON POINTカードの機能がついています。

2020年3月までは、WAON POINTカード(またはイオンカード)を提示して、楽天カードの支払いでポイントの2重取りができましたが、現在はできません(後述)。

WAON POINTカード開始後のイオンカードなどのポイントの貯まり方については、WAON POINTカードより、イオンカードの方がお得ですを、よろしければ、参照ください。

 

WAON POINTカードとクレジットカードの併用について

<重要な変更がありました>

2020年4月1日から、WAON POINTカードは、現金専用のポイントカードに変わりました。

これに伴い、WAON POINTカード(またはイオンカード)と他社のクレジットカード(楽天カードなど)のポイントの2重取りはできなくなりました。

イオン店舗

2020年3月31日までは、WAON POINTカード(またはイオンカード)を提示し、楽天カードで支払うことで、ポイントの2重取りにより還元率が高くなり、主な特典も適用されました。

現在は、イオン店舗での楽天カードでの支払いで、楽天ポイントのみが貯まり、お客さま感謝デーの割引などの特典が受けられなくなりました。

 

イオン店舗でのイオンカード、楽天カードの還元率は、以下のとおりです。

  • イオンカードで支払い・・・1.0%(イオン店舗ではポイント2倍のため)
  • 楽天カードで支払い・・・1.0%(基本の還元率が適用)

楽天カードでは、イオン店舗の特典(後述)が受けられず、還元率もイオンカードと同じ1.0%です。

このため、イオン店舗で楽天カードを使うメリットは、特にありません。

(参考)

2020年3月までは、楽天カードで支払った方がお得な場合があり、場合に分けて紹介していました。

イオン店舗を頻繁に利用される方には、イオンカードの作成をおすすめします。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

 

イオンカードの特典(参考)

イオンカードのクレジット払いでは、イオン店舗で、以下の特典が受けられます。

  • お客さま感謝デー(毎月20、30日)の5%OFF
  • ありが10デー(毎月10日)のポイント5倍
  • イオン店舗で、いつでもポイント2倍
  • G.G感謝デー(毎月15日)の5%OFF(55歳以上の方限定)
  • ボーナスポイント対象商品の購入でボーナスポイント付与

 

また、イオンカード公式アプリには、パスポート(割引券)などが配信されます。

サンキューパスポート 2020年11月
パスポートのサンキューパスポートです(2020年11月分 公式アプリで2020年10月に配信)

パスポートについては、イオンカードの隠れた特典のパスポートについてを、よろしければ、参照ください。

 

パスポートでの割引時のレシート

上にあるレシートは、サンキューパスポートで10%OFFになった際のものです。

サンキューパスポートは、イオン店舗でのイオンカードの利用で配信されるため、パスポートを希望される方は、イオンカードでの支払いが必要になります。

 

クーポン(2020年5月)
食料品も割引になるクーポンです(2020年4月に公式アプリで配信)

パスポートの他にも、不定期に発行されるクーポンや値引券などもあり、イオン店舗でイオンカードの利用があれば、イオンカード公式アプリで配信されると思われます。

最後に

主にイオン店舗での買い物において、楽天カードよりもイオンカードの方が、お得な場合について紹介しました。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒  楽天カード

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

 

イオンカード(WAON一体型)より、特典の多いイオンカードセレクトも、おすすめです。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒  イオンカードセレクト

イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトの違いも、参考にしてください。

 

どちらのイオンカードも、入会キャンペーン中です。

他の種類のイオンカードについても紹介しています。

 

イオンカード、楽天カードを利用中の方、これから作成される方の参考になれば幸いです。


関連記事