無職でも作れるイオンカード(クレジットカード)の記入例

無職の私でもイオンカード(クレジットカード)を作ることができました。
クレジットカードの審査に通るコツやイオンカードの特典などの情報を提供しております。

イオンカードの申し込みから届くまで(発行日数を日付つきで紹介)

Pocket

イオンカードを作る際の審査と発行までの日数を紹介します

無職の私でも、イオンカード(WAON一体型)が作れました。

インターネットから申し込みをしています。

イオンカード
利用中のイオンカード(WAON一体型)です

 

その後、2枚目のイオンカードとして、イオンSuicaカードも作りました。

イオンSuicaカード
利用中のイオンSuicaカードです

1枚目が作れた場合は、同じ内容で申し込みをすれば、一般的には、2枚目も審査に通ります。

イオンカードを2枚以上作る場合に気になることについて、イオンカードは複数枚(2枚以上)作れますで、紹介していますので、よろしければ、参考にしてください。

 

インターネットでの申し込みから自宅に届くまでの流れと、おおよその審査と発行までの日数を、2枚のイオンカードを作った私の体験をもとに紹介します。

イオンカード公式ホームページ

これから紹介するイオンカードを作る流れは、公式ホームページ(暮らしのマネーサイト)にある「新規クレジットカードのお申し込みの流れ」と一致した標準的なものになります。

申し込み中でイオンカードが届かないと思っている方、また、これから申し込みをされる方の参考になれば幸いです。

 

追記 イオンカードセレクトについて

イオンカードセレクトも作りました。

イオンカードセレクト
利用中のイオンカードセレクトです

以下で紹介しているイオンカードセレクトの申し込み時の流れ(申し込みから発行までの日付など)は、実際の体験に基づいたものになります。

イオンカードセレクトと他のイオンカードの機能や特典の違いについては、イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトの違いを、よろしければ、参照ください。

 

以前は、イオン銀行の口座開設を伴うイオンカードセレクトは、申込書を郵送する手続きが必要でしたが、現在は、インターネットからの申し込みが可能です。

イオンカードセレクトのオンライン申し込み

イオンカードセレクトの発行期間が長かったという情報は、現在は、あてはまりません。

注)現在でも、運転免許証を持っていない方は申込書の郵送が必要です。

ただし、イオンカードセレクトは、本人確認書類の送信(画像アップロード)が利用できないため、受取人確認配達サービスでのカード郵送になり、他のイオンカードと発行までの流れに少し違いがあります(後述)。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカードセレクト

 

追記 店頭での即日発行について

インターネットから申し込みをして、当日にイオン店舗で仮カードを受け取る「カード店頭受取りサービス」が利用できるようになりました。

カード店頭受取りサービス

対象カードは、現在、イオンカード(WAON一体型)のみです。

後ほど、店頭での申し込みと即日発行について(参考)で、紹介していますので、参考になれば幸いです。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

追記 2016年 イオンカードの発行までの日数

イオンカードの発行までの日数を紹介します。

イオンカードセレクトは、他のイオンカードと発行までの流れが違いますので、イオンカードとイオンカードセレクトに分けて、紹介します。

 

イオンカードの発行までの日数

3枚目のイオンカードを作ったときのものです。申し込みから発行までの日付を紹介します。

今回、発行までの日数が少し短かったことに加えて、カード登録日により、正確な審査期間(審査日数)も確認しましたので、追記することにしました。

コスモ・ザ・カード・オーパス

今回、作ったのは、コスモ・ザ・カード・オーパスで、コスモ石油でのガソリンの給油が、会員価格の割引になるイオンカードです。

よろしければ、コスモ・ザ・カード・オーパスでコスモ石油の割引を受けましたも、参照ください。

日付 できごと 備考
2016年1月13日 インターネットから申し込み 申し込み直後に確認メールあり
2016年1月14日 本人確認書類アップロードの
依頼メールあり
すぐにアップロードする
2016年1月15日 カードが登録される
(特に連絡なし)
カード同封の書類に記載あり
2016年1月23日 カードが到着 郵便局の書留で到着

 

1枚目、2枚目を作ったときのイオンカードの申し込みから届くまでの流れと同じでしたが、日数が、若干、短くなっていました。

2枚目のイオンSuicaカードは発行が遅いという事情もありましたが(後述)、今回は、かなり順調に手続きが進んだと思います。ほぼ、最短の日数ではないでしょうか。

 

今回、分かったことは、カード登録日です。

*カード登録日とは、審査が完了し、会員として登録された日(入会日)になります。

以前は、到着したカードに同封されている書類を、目を通した後に、廃棄していました。カード登録日が記載されていることは、気にしていませんでした。

 

今回、カード登録日は、インターネットから申し込みの2日後でした。

この流れから、少なくとも今回のケースでは、審査は申し込み当日に、実質的に(本人確認を除いて)完了していて、審査期間が短いことが分かります。

 

審査期間(審査日数)は、1日ということになります。推測になりますが、申し込み直後に、入力(記入)情報をもとに、審査の大部分は自動的に行われているように思います。

イオンフィナンシャルサービス

イオンフィナンシャルサービス(イオングループの金融持株会社)の公式ホームページなどに、オートスコアリング(*)を導入して、審査を短縮化しているとの記載があります。

*オートスコアリングとは、申し込み時に入力した年収などの属性の情報を統計的に解析することにより、自動的に信用力を点数化する仕組みです。

 

イオンカードの審査が遅い、審査期間が長いという情報もインターネット上にはありますが、審査はすぐに完了するが、カード登録から発行までの期間が長いということではないでしょうか。

または、審査落ちになった場合に、審査結果の連絡が遅いということかもしれません。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

 

イオンカードセレクトの発行までの日数

イオンカードセレクトは、他のイオンカードと届くまでの流れが違いますが、発行日数に大きな差はありません。

申し込みから発行までの流れを日付つきで紹介します。

日付 できごと 備考
2016年6月20日 インターネットから申し込み 申し込み直後に確認メールあり
2016年6月22日 カードが登録される
(特に連絡なし)
カード同封の書類に記載あり
2016年6月29日 カード発行手続きの
完了メールあり
受取人確認配達サービス
について説明あり
2016年7月2日 カードが到着 受取人確認配達サービス
(佐川急便)で受取り

 

申し込みから到着までは12日でした。他のイオンカードと大きな差はありません。

カード登録日より、他のイオンカードと同じように、審査期間は短いことが分かります。

カード発行手続きの完了メールには、本日からカードが届くまでに1週間程度かかるとありますが、私の場合は、発行手続き完了メールの3日後に、カードが到着しました。

インターネット上の情報でも、このメール後、数日でカードが届いた方が多いようです。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカードセレクト

イオンカードをインターネットから申し込み

イオンカードの公式ホームページにある「新規クレジットカードのお申込みの流れ」(以下、公式ホームページ)に沿って、私が実際にイオンカードを作った際の体験を紹介します。

暮らしのマネーサイト

インターネットからの申し込みは、公式ホームページでは、STEP1「お申込みフォームの入力」となっています。

公式ホームページから希望されるイオンカード、例えば、イオンカード(WAON一体型)などを選び、申し込みに必要な情報を入力していきます。

求められる項目や記入例については、イオンカード申し込み時の記入例で、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

 

誤記入などがあると、審査に影響しますので、慎重に記入すべきですが、ゆっくりやっても30分あれば完了するのではないでしょうか。

イオンカードの申し込み画面

申し込みに必要な項目を全て入力すると、振替口座(支払口座)の設定画面になります。

カードが送られてきた後に、書面で振替口座の設定もできますが、オンラインで銀行を利用されている方は、ここで設定することで発行後の手間が省けます。

*イオンカードセレクトは、振替口座がイオン銀行に固定されているため、振替口座の設定はありません

 

なお、インターネットからの申し込みは24時間受け付けていますので便利です。

*頻度は少ないですが、深夜時間に申し込みページのメンテナンスがあり、申し込みができない場合があります

 

申し込み完了の直後、記入したメールアドレスに申し込み確認のメールがきます。

申し込み確認のメール

特に対応の必要はありませんが、このメールが送られてこない場合は、メールアドレスの記入が間違っていたなどの問題が発生しています。

この場合、後で紹介する本人確認書類の送付依頼のメールも送られてきませんので、カードの発行が遅れます。

申し込み確認のメールがこない場合は、迷惑メール扱いにされていないか確認後、イオンカードのコールセンターに連絡することをおすすめします。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)


店頭での申し込みと即日発行について(参考)

インターネットからではなく、店頭でイオンカードの申し込みをされる方も多いのではないでしょうか。

店頭での申し込みの特徴は、以下のとおりです。

イオン店舗

  • キャンペーンは店頭よりインターネットからの申し込みがお得
  • 仮カードが即日発行できる(対応している店舗に限ります)

 

店頭申し込みのキャンペーン

店頭でのイオンカード申し込みキャンペーンは、最大で1,000円程度です。インターネットからの申し込みは、最大5,000円程度になります。

店頭とインターネットのキャンペーンの比較は、 イオンカードの店頭申し込みキャンペーンは、お得ではありませんを、よろしければ、参照ください。

 

現在のキャンペーンは公式ホームページで確認ください ⇒ イオンカード(WAON一体型)

 

即日発行される仮カード

店頭での申し込みでは、仮カードの即日発行ができます(できない店舗もあります)。

イオンカードの仮カード
仮カードのイメージ画像です(VISA、MasterCardなどの国際ブランドがついていません)

仮カードは、主にイオン系列の店舗でしか利用できないカードですが、イオンカードの特典が適用され、ポイントも貯まります。

よろしければ、イオンカードは即日発行されません(発行される仮カードの紹介)も、参照ください。

 

カード店頭受取りサービス

インターネットからの申し込みのキャンペーンが適用され、仮カードも即日発行される「カード店頭受取りサービス」が始まりました。

カード店頭受取りサービス

現在、対象カードは、イオンカード(WAON一体型)のみです。

イオン店舗に出かける前に、自宅でインターネットから申し込みをして、イオン店舗で仮カードが受け取れます。カード発行のための審査は、申し込み後、30分程度で完了します。

 

イオンカードの店頭での受取り

申し込み方法は、インターネットからの通常の申し込みと同じです。このため、インターネットのキャンペーンが適用されます。

申し込みの最後に、「カード店頭受取りサービス」を利用するか質問されますので、「店舗で受取ります」を選び、受け取り希望の店舗を指定します。

仮カードではない正式なイオンカードは、後日、郵送されてきます。

 

「カード店頭受取りサービス」の注意事項などは、お手数ですが、公式ホームページで確認ください。

公式ホームページは、こちらよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

審査

公式ホームページのSTEP2 「ご入会審査」です。

初めてイオンカードを作る場合や土日を挟む場合は、審査に時間がかかるということはあるかもしれませんが、それらを考慮しても数日もあれば審査は完了すると思います。

イオンカードの入会審査

私の場合、申し込みの翌日に、本人確認書類の送付依頼のメールが送られてきました。

 

なお、イオンカードセレクトのみ、本人確認書類の送信(画像アップロード)が利用できないため、本人確認書類の送付依頼のメールは送られてきません(後述)。

 

審査の難易度

イオンカードは、審査に通りやすいクレジットカードといわれています。

イオンカードの審査の傾向などについては、イオンカードの審査が甘いといわれる理由を紹介しますを、よろしければ、参考にしてください。

 

審査結果

本人確認書類の送付依頼のメールは、実質的には、入会審査に通ったという審査結果の通知と考えてよいでしょう(審査に落ちた方に本人確認書類は提出させません)。

本人確認書類の依頼メール

この後、カードが届くまで、明確に審査に通ったという表現を含む連絡のメールや、カードの発送を知らせる連絡はありません。

*イオンカードセレクトは除きます(後述)

なお、審査落ちの場合は、メールでの連絡はなく、はがきで審査結果の通知があるようです。

申し込みから数日たっても本人確認書類の送付依頼のメールがこない場合は、審査落ちの可能性が高くなると思います。

 

審査状況の確認

審査状況は、イオンカードのコールセンターに問い合わせることもできます。問い合わせをする場合は、電話で問い合わせてください。

入会審査が完了して(審査に通り)、カード発行の準備をしている段階であれば、自宅に届く日の目安について、回答がもらえます。

しかし、先ほど紹介したように、本人確認書類の送付依頼メールが届いている場合は、審査に通っていますので、改めて電話で問い合わせをする必要はないと思います。

イオンカードセレクトの審査状況について

イオンカードセレクトは、本人確認書類の画像アップロードのメールが送られてきません(後述)。

このため、本人確認書類の送付依頼メールによる審査状況の確認ができません。状況を確認されたい方は、電話で問い合わせください。

 

土日など休日中の審査(追記)

家族が、土曜日にインターネットからイオンカードの申し込みをした際、翌日の日曜日に、本人確認書類の送付依頼メールが届きました。

休日の土曜日に申し込んでも、平日と同じような流れになり、審査期間が長くなるということはありませんでした。

また、インターネット上の情報になりますが、元旦に本人確認書類の依頼メールが届いた方がいました。この情報が正確であれば、審査は、年中無休になります。

 

審査期間中の連絡について(参考)

私は、イオンカードを複数枚作ったことがありますが、審査期間中の電話連絡は一度もありませんでした。家族が、イオンカードを作ったときも同じです。

インターネット上の情報をみても、イオンカードの審査では、審査期間中に連絡がないことが多いようです(勤務先への在籍確認もないことが多いようです)。

なお、電話による連絡が少ないのは、20歳以上の方の場合です。未成年の方は、親権者の同意があるかについて確認の電話連絡があります。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

本人確認書類の送付

公式ホームページのSTEP3「ご本人さま確認手続き」です。

実際に送られてきた本人確認書類の送付依頼メールを紹介します。

本人確認書類の送付のメール

本人確認の方法は、本人確認書類の送信(画像アップロード)、または、受取人確認配達サービスの2つから選べます。

 

本人確認書類の送信(画像アップロード)が便利です。

受取人確認配達サービスは、本人しか受け取ることができず、宅配便の方(佐川急便)に、本人確認書類をみせるという手続きが必要になります。

また、受取人確認配達サービスを選ぶとイオンカードの発行が遅れます。

 

画像アップロードの期限について(メールより抜粋)

メールには、本人確認書類の画像受信後にカード発行の手続きを進めるとあり、期限内に画像がアップロードされないと、改めて案内するとも書かれています。

期限内にアップロードできなかった場合は、受取人確認配達サービスにより、本人確認が行われます。

 

本人確認書類画像のアップロードが完了

本人確認書類画像のアップロードをすると、メールがきます。

このメールにある「カード発行のお手続きを進めさせていただきます」は、はっきりと審査に通りましたとは書かれていませんが、入会が認められたという審査結果の連絡といえます。

 

私の場合は、ここまでが申し込みの翌日に完了しました。

イオンカードの場合、本人確認の手続きは、カードの申し込みごとに必要で、2枚目以降のイオンカードを作る場合でも本人確認書類の提示が求められます。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

 

イオンカードセレクトの本人確認方法の違い

イオンカードセレクトは、本人確認書類の画像アップロードが利用できず、受取人確認配達サービスにより、カードの受け取り時に、本人確認が行われます。

カード受取り時に本人確認

このため、画像アップロードの依頼メールは送られてきません。

イオンカードセレクトは、イオン銀行の口座開設を伴い、他のイオンカードと本人確認の方法に違いがあるためです。

 

受取人確認配達サービスを利用するとカードの発行が遅れそうに思いますが、他のイオンカードと同じくらいの日数で発行されます。

これは、当初から、受取人確認配達サービスを前提として、イオンカードセレクトの発行の処理が予定されているからだと思われます。

 

イオンカードセレクトのカード発行手続きの完了メール

また、イオンカードセレクトは、カード発送手続き完了時に、佐川急便により郵送することを知らせるメールが送られてきます。

 

なお、運転免許証を保有されていない方は、受取人確認配達サービスが利用できないため、申込書、本人確認書類のコピーの郵送が必要になります。

*運転免許証をお持ちでない方は、インターネットから申し込み時に、申込書の郵送の手続きに誘導されます

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカードセレクト

イオンカードが届く

公式ホームページのSTEP4「カードお届け」とSTEP5「ご利用開始」です。

本人確認書類の送付後、しばらくするとイオンカードが自宅に届きます。

自宅に届いたイオンカード

公式ホームページには、「1~2週間ほどでカードをご自宅へ郵送いたします。」とあります。また、「一部カードでは3週間程度お時間をいただく場合があります。」ともあります。

発行が遅い一部カードとは、イオンSuicaカードのような外部での処理に時間がかかるカードのことだと思われます(後述)。

私の場合、本人確認書類のアップロード後、カードの到着までの日数は、1枚目に作ったイオンカード(WAON一体型)は10日程度、2枚目に作ったイオンSuicaカードは2週間近くかかりました。

 

クレジットカード会社によっては、即日発行のカードもありますが、イオンカードの場合は、申し込みから届くまでの期間は、2週間程度みておいた方がよさそうです。

最短でも、申し込みから届くまで、10日程度はかかりそうです。

 

(参考)イオンSuicaカードは発行期間が長い

イオンSuicaカードは、JR東日本のSuicaの機能をつけるため、JR側での処理が必要になり、発行までの日数が少し長くなるようです。

イオンSuicaカード

発行期間が長いといっても、私の経験からは、3、4日遅くなるくらいですが、イオンSuicaカードを申し込まれた方は参考にしてください。

また、イオンSuicaカードの他に、イオンJMBカードなども、発行が少し遅くなるようです。

最後に

イオンカードの申し込みから届くまでの流れについて紹介しました。

一部カードでは、例外があると思いますが、多くのイオンカードは、おおむね紹介した流れになります。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

 

イオンカード(WAON一体型)より、特典の多いイオンカードセレクトも、おすすめです。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカードセレクト

イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトの違いも、参考にしてください。

どちらのイオンカードもインターネットからの申し込み限定で、入会キャンペーン中です。

 

他の種類のイオンカードについても紹介しています(イオンカードは複数枚作れます)。

イオンカードを申し込み中の方、これからイオンカードを作る方の参考になれば幸いです。

Pocket

公開日:2016/01/14