無職でも作れるイオンカード(クレジットカード)の記入例

無職の私でもイオンカード(クレジットカード)を作ることができました。
クレジットカードの審査に通るコツやイオンカードの特典などの情報を提供しております。

お客さま感謝デーの5%OFF割引は全てのイオンカードが対象です

Pocket

 

イオン系列の店舗で毎月20、30日に行われている「お客さま感謝デー」の5%OFFの割引は、イオンマークのついている全てのイオンカードが対象になります。

イオンお客さま感謝デー
 *イオン公式ホームページ「お得・キャンペーン」の「お客さま感謝デー」より

 

しかし、「お客さま感謝デー」の5%OFFの特典が、全てのイオンカードに適用されることは、あまり周知されていないように思いますので、紹介します。

イオンカードを利用されている方の参考になれば幸いです。

 

追記(ポイントの貯まり方が大きく変わりました)

WAON POINTカード(共通ポイントカード)が始まり、イオングループの発行するカードのポイントの貯まり方が大きく変更されました。

WAONPOINTカード
WAON POINTカードです

イオン店舗でのポイントの貯まり方について、WAON POINTカードより、イオンカードの方がお得ですで、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

「お客さま感謝デー」とは

「お客さま感謝デー」とは、 毎月20日、30日にイオン系列の店舗で開催される特典の日です。

臨時の「お客さま感謝デー」
*店舗で告知されていたポスターの写真です

食料品も含めて、イオン店舗で5%OFFの買い物ができます。

原則は、毎月20、30日のみですが、臨時で開催されることもあります。上に載せた写真の例では、30日に加えて、31日も臨時の「お客さま感謝デー」が開催されていました。

 

対象店舗

お客さま感謝デーは、以下のイオン系列の店舗で開催されます(イオン系列の多くの店舗が対象になります)。

お客さま感謝デーの対象店舗

  • イオン
  • イオンスタイル
  • マックスバリュ
  • イオンスーパーセンター
  • ダイエー
  • その他イオン系列の店舗

 

お客さま感謝デーが適用される条件(対象カード)

冒頭で紹介したように、イオンマークのついている全てのイオンカードが「お客さま感謝デー」の対象になります(提携カードも対象になります)。

イオンのマーク
イオンのマークです

また、イオンカードの他に、イオングループのカードでも、お客さま感謝デーの割引を受けることができます。

対象カードは、以下のとおりです。

 

お客さま感謝デーの対象カード

  • イオンカード
  • 電子マネーWAONカード
  • WAON POINTカード

*WAON POINTカードは2016年6月開始の共通ポイントカード(現金での買い物でポイントが貯まる)です

 

イオンバンクカード
イオンバンクカードです

また、イオンバンクカード(イオン銀行のキャッシュカード)についている電子マネーWAONの支払いでも、お客さま感謝デーの割引が適用されます。

 

イオンカード加盟店での適用について(参考)

イオン系列の店舗以外でも、イオンカードの加盟店になっている店舗があります。

国際ブランド
       
イオンのマーク

イオンカードの加盟店では、使えるクレジットカードブランド(VISA、MasterCardなど)に、イオンマークが表示されています。

よろしければ、イオンカードが使える店(国際ブランドと国内ブランドについて)も、参照ください。

イオンカードの加盟店には、「お客さま感謝デー」が適用される場合があります。

 

例えば、外食店舗のワタミは、イオンカードの加盟店のため、20、30日に、イオンカードを利用した場合は、5%OFFが適用されます。

ワタミでも「お客さま感謝デー」の適用あり
*インターネット(MyPage)で確認した利用明細です

上記の画像は、30日に、イオンカード(WAON一体型)をワタミ系の外食店舗の「ちゃぶまる」で利用した際の利用明細です(5%割引が確認できます)。

 

ワタミふれあいカード
ワタミふれあいカードです

なお、イオンカード(提携カード)のワタミふれあいカードを利用した場合は、いつでも、ワタミ外食店舗で5%OFFの割引が受けられます。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ ワタミふれあいカード

 

ただし、イオンカードの加盟店全てが、「お客さま感謝デー」の対象ではありませんので、留意ください(詳細は加盟店に確認ください)。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

「お客さま感謝デー」の対象カードに対する誤解(参考)

インターネット上には、「お客さま感謝デー」の対象になるイオンカードが限定されているという情報が散見されます。

誤解が生じている理由が、いくつか考えられます。

 

過去には、実際に限定されていた

誤解が生じている大きな原因として、実際に、過去において、「お客さま感謝デー」の対象カードが限定されていた経緯があります。

「お客さま感謝デー」の適用対象カード
 *イオンレイクタウンKaze公式ホームページより

2014年7月に、特典のルールが変更されて、全てのイオンカードが対象になりました。

 

イオンカード公式ホームページの対象カードの例示

イオンの公式ホームページでは、冒頭に載せたように、全てのイオンカードが「お客さま感謝デー」の対象になるとアピールされています。

暮らしのマネーサイト

 

一方で、イオンカードの公式ホームページ(暮らしのマネーサイト)では、下記の対象カードが例示されていますが、全てのイオンカードが例示されているわけではありません。

「お客さま感謝デー」の適用対象カード

また、例示されているイオンカードは、全て「提携カード」ではないイオンカードです。「イオンマークのついている全てのイオンカードが対象」といった表現もありません。

 

どのカードが「提携カード」になるかについては、イオンカード(全種類)の機能などが比較できる一覧表を、よろしければ、参照ください。

暮らしのマネーサイトの例示からは、「提携カード」のイオンカードは、「お客さま感謝デー」の対象にならないような印象を受ける方もいるように思います。

 

追記

紹介したような要因が重なって、インターネット上に、対象カードが限定されているという情報があります(残っています)。

WAON POINTカード
しかし、WAON POINTカードの開始に伴い、イオンが、「お客さま感謝デー」を含めたイオンカードの特典について、告知する機会が(イオン店舗などで)増えています。

このため、対象カードについて、誤解される方は減っているように思います。

最後に

「お客さま感謝デー」の5%OFFの割引は、イオンマークのついている全てのイオンカードが対象になります。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

 

イオンカード(WAON一体型)より、特典の多いイオンカードセレクトも、おすすめです。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカードセレクト

イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトの違いも、参考にしてください。

どちらのイオンカードもインターネットからの申し込み限定で、入会キャンペーン中です。

 

他の種類のイオンカードについても紹介しています(イオンカードは複数枚作れます)。

イオンカードを利用されている方の参考になれば幸いです。

Pocket

公開日:2016/03/18