無職でも作れるイオンカード(クレジットカード)の記入例

無職の私でもイオンカード(クレジットカード)を作ることができました。
クレジットカードの審査に通るコツやイオンカードの特典などの情報を提供しております。

イオンカードの申込書の入手方法と書き方

Pocket

 

以下の写真は、イオンカードの申込書(左)と公式な記入例(右)です。

 

イオンカードの申込書
  
イオンカード申込書の記入例(公式)


イオンカードの申込書の入手方法は、複数あります。

また、申し込み方法により、キャンペーンの適用が違います(キャンペーンでもらえる金額が違います)。

申込書の書き方についても、イオンカードの公式の記入例などを参考に、紹介します。

 

イオンカードを作る方の参考になれば幸いです。

イオンカードの申込書の入手方法

イオンカードの申込書の入手方法には、下記のものがあります。

  • イオンの店頭で入手する方法
  • 資料請求により入手する方法
  • インターネット上の申込書を利用する方法(インターネットから申し込む方法)

 

イオンの店頭で入手する方法

イオン店舗には、イオンカードの申込書が用意されています。

イオン店舗

イオン系列の店舗であれば、小さい店舗でも、イオンカードの申込書は、持ち帰りが自由にできるように、目立つ場所に置かれていることが多いです。

また、大きな店舗(イオンモール)であれば、イオンカード申し込みカウンターが常設されています。

 

申し込みカウンターがある店頭でのイオンカードの申し込みでは、申し込みキャンペーンを実施していることも多いです。

イオンカード店頭申し込みのチラシ
*イオンモールの申し込みカウンターにあったキャンペーンのチラシです

もらえるキャンペーンの金額は、上に載せたチラシにあるように、最大で1,000円程度です(実施していない場合もあります)。

イオン店舗での申し込みは、キャンペーンにより商品券などがもらえることも多く、お得といえます。

しかし、インターネットからの申し込みでは、さらにお得なキャンペーンを実施しています(後述)。

 

イオンカードの即日発行について(参考)

大きなイオン店舗では、仮カードの即日発行をしている場合があります。

正式なイオンカードは、当日には発行されませんが、仮カードは、申し込み後、約1時間程度で発行されます。

イオンのマーク

仮カードは、国際ブランド(VISA、MasterCardなど)がなく、イオンマークのみがついたカードのため、原則として、イオン店舗のみで利用できます。

仮カードについては、よろしければ、イオンカードは即日発行されません(発行される仮カードの紹介)を、参照ください。

 

<追記>

「カード店頭受取りサービス」が開始されました。

このサービスにより、インターネットからイオンカードを申し込み、イオン系列の店舗で、仮カードを受け取ることができるようになりました。

 

カード店頭受取りサービス

「カード店頭受取りサービス」には、以下のメリットがあります。

  • 申し込み当日から、仮カードの利用で特典が受けられる、ポイントが貯まる
  • インターネットから申し込み限定の入会キャンペーンの適用がある

インターネットからの入会キャンペーンは、店頭のキャンペーンよりも、金額が大きいです(後述)。また、仮カードによるイオン店舗での買い物が、申し込みの当日からできます。

 

イオンカードの店頭での受取り
 申し込み時の「カード店頭受取りサービス」の選択画面です(サービスを利用するか選択できます)

 

インターネットから申し込み後、約30分程度で審査が完了し、申し込み時に指定した店舗で、仮カードの受け取りができます。

対象カードは、イオンカード(WAON一体型)のみです。注意事項などは、お手数ですが、公式ホームページで確認ください。

公式ホームページは、こちらよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

 

資料請求により入手する方法

イオンカードの申込書を資料請求することで、自宅に郵送されてきます。

申込書をインターネットから資料請求
*公式ホームページの資料請求の画面です

 

申込書の資料請求は、イオンカードの公式ホームページから行えます。また、コールセンターに電話をして請求することもできます。

イオンカードのコールセンター

なお、申込書を資料請求し、記入後に郵送する申し込み方法は、キャンペーンの適用がありません。

 

インターネット上の申込書を利用する方法(インターネットから申し込む方法)

イオンカードの公式ホームページ(暮らしのマネーサイト)には、インターネット上で記入できる申込書が用意されています。

イオンカード(WAON一体型)
利用中のイオンカード(WAON一体型)です

 

私は、イオンカード(WAON一体型)を作る際、インターネットから申し込みをしました。

インターネットからの申し込みのメリットには、以下のものがあります。

  • 入会キャンペーンがお得(店頭の申し込みよりもお得)
  • 振替口座の設定が申し込み時に可能(銀行のお届け印が不要)
  • 発行(自宅に届く)まで約10日と他の方法に比べて短い

 

イオンカード入会キャンペーンでもらったポイント
 イオンカード会員ページ「My Page」より

私も、4,000円相当のポイントをキャンペーンでもらいました(画像参照)。

入会キャンペーンの金額は、定期的に変更されますが、おおむね最大5,000~6,000円相当のポイントをもらえることが多いです(店頭のキャンペーンは、1,000円程度です)。

 

現在のキャンペーンは、公式ホームページで確認ください。

公式ホームページは、こちらよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

 

店頭とインターネットのキャンペーンの比較を、イオンカードの店頭申し込みキャンペーンは、お得ではありませんで、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

申込書の書き方(記入例)

イオンカードでは、申込書の書き方の見本として、記入例を用意しています。

イオンカード申込書の記入例(公式)
*イオンカード申込書の記入例(公式)の一部です

 

手書き用の申込書の記入項目とインターネットから申し込み時の入力項目は、一部の形式的な違いを除いて、同じです。

インターネットから申し込み時の記入例について、イオンカード申し込み時の記入例で、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

*公式な記入例(上の画像参照)は、手書き用の申込書(店頭または資料請求で入手)に同封されています

 

申し込み時に必要なもの(参考)

運転免許証

よろしければ、イオンカードを作成するときに必要なものも、参考にしてください。

最後に

イオンカードの申込書の入手方法などについて紹介しました。

申し込み時のキャンペーンは、インターネットからの申し込みが、お得になっています。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

 

イオンカード(WAON一体型)より、特典の多いイオンカードセレクトも、おすすめです。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカードセレクト

イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトの違いも、参考にしてください。

どちらのイオンカードもインターネットからの申し込み限定で、入会キャンペーン中です。

 

他の種類のイオンカードについても紹介しています(イオンカードは複数枚作れます)。

イオンカードを作る方の参考になれば幸いです。

Pocket

公開日:2016/05/28