無職でも作れるイオンカード(クレジットカード)の記入例

無職の私でもイオンカード(クレジットカード)を作ることができました。
クレジットカードの審査に通るコツやイオンカードの特典などの情報を提供しております。

イオンSuicaカードを使って感じるメリットとデメリット

Pocket

 

2枚目のイオンカードとして、イオンSuicaカードを、使っています。

なお、最初に作ったイオンカードは、イオンカード(WAON一体型)です。

実際に作ったイオンカード(WAON一体型)
イオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型)を作った際の実際の記入例を、イオンカード申し込み時の記入例で、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

 

そして、2枚目に作ったイオンSuicaカードはこちらです。

実際に作ったイオンSuicaカード

イオンSuicaカードは便利ですが、イオンカード(WAON一体型)の代わりにならない部分もあります。

そのため、少し面倒になりますが、私の場合は、2枚持つことが必要というのが結論になりました。

イオンSuicaカードのメリットおよびデメリットについて、私の体験を踏まえて紹介します。

 

イオンSuicaカードを作られる方の参考になれば幸いです。

イオンSuicaカードの簡単な説明

イオンSuicaカードは、名前のとおり、JR東日本のICカードであるSuicaの機能がついたイオンカードです。

Suicaカードとイオンカード

他のイオンカードと同様に、年会費は無料です。

ETCカードも、他のイオンカードと同じ扱いで、発行手数料および年会費は無料です(発行するかどうか選択できます)。

イオンカードのETCカード

よろしければ、イオンカードのETCカードは発行手数料、年会費が無料ですも、参照ください。

 

毎月20、30日のイオン系列の店舗での5%OFF(お客様感謝デー)といったイオンカードの基本的な特典も受けられます。

1枚でイオンカードとSuicaの機能が使えるため、イオンカードとSuicaを別々に持たずに1枚で利用できます。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンSuicaカード

イオンSuicaカードのメリット

審査に通りやすい

私の場合は、既にイオンカード(WAON一体型)を作っていましたので、2枚目のイオンカードは審査に通りやすいという事情もあり、イオンSuicaカードを申し込みました。

イオンカードは複数枚(2枚以上)作れますで、2枚以上のイオンカードを作るときに気になる点を紹介していますので、よろしければ、参照ください。

 

しかし、1枚目のイオンカードとしてイオンSuicaカードを作る場合でも、Suica機能のついたクレジットカードの中で、イオンSuicaカードの審査は、かなり甘いと思います。

Suica機能がついたクレジットカード3枚

銀行系の「スーパーICカードSuica三菱東京UFJ-VISA」「SMBC CARD Suica」などの審査は厳しいでしょうし、航空系の「ANA VISA Suicaカード」「JALカードSuica」も銀行系並みに審査が厳しいといわれています。

JR東日本のVIEWカードも「ビュー・スイカカード」といったSuica機能のついたクレジットカードを発行していますが、イオンSuicaカードより審査が厳しいでしょう。

 

一般的に審査が甘いとされるイオンカードのような流通系のクレジットカードで、Suica機能のついたものは、イオンSuicaカードしかないと思います。

イオンSuicaカードと同程度の審査と思われるSuica機能のついたクレジットカードに「Yahoo! JAPANカードSuica」があったのですが、既にサービス終了を発表していて、新規の申し込みはできません。

 

なお、WAONのついていないイオンカードからイオンSuicaカードへの切り替えができるので(後述)、イオンSuicaカードの入会審査は、他の標準的なイオンカードと同水準であると推測できます。

仮に、イオンSuicaカードが、他のイオンカードよりも厳しい審査基準であるのなら、切り替えはできないと思われます。

イオンカードの審査のイメージ画像

イオンカードは、2枚以上作ったとき、与信枠(ショッピング枠)は1枚ずつ与えられるのではなく、複数枚のカードの合計として与えられることなどを考慮すると、イオンカードの種類により審査の厳しさが違うことはないと思っています。

私の場合は、2枚目のイオンカードとして、イオンSuicaカードを作りましたが、1枚目のイオンカード(WAON一体型)を作った際に与えられたショッピング枠から変更はありませんでした。

イオンSuicaカードは、他のイオンカードと同じように、審査に通りやすいクレジットカードであるといってよいと思います。

 

クレジットカードの審査に少し不安を感じられていて、Suica機能のついたクレジットカードを作成したい方には、イオンSuicaカードをおすすめできます。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンSuicaカード

 

Suicaへのオートチャージ機能あり

SuicaがチャージできるJRの券売機には、人が並んでいることも多いです。

イオンSuicaカードには、オートチャージ機能がついていますので、Suicaの残高を気にせずに改札を通過できます。

イオンSuicaカードでオートチャージ

私は、イオンSuicaカードを作るまで、券売機でチャージしていたこともあり、オートチャージは、とても便利に感じます。

オートチャージの代金は、他のクレジットカード払いの代金と一緒に請求されます。

オートチャージとは

オートチャージとは、自動改札機から入場した際、Suicaの残高が不足している場合に、Suicaへの入金が自動的にされるサービスです。

オートチャージの設定および変更は、駅のATM「VIEW ALTTE」で行えます。

 

Suicaへのチャージでポイントが付与される

Suicaへのチャージで、ときめきポイントが、通常の半分ですが貯まります(400円ごとに1ポイント)。

ときめきポイント

イオンSuicaカードを作るまでは、デポジット式のSuicaを利用していましたので、全く還元がありませんでした。

還元率が低いので、Suicaへのチャージにより、大きくポイントを貯めることはできませんが、メリットになります。

Suicaへのチャージは2,000円単位をおすすめします

Suicaへのチャージによるポイントは、400円ごとに1ポイントです。

このため、400で割り切れない金額をチャージすると、端数が切り捨てられます(ポイントは1カ月の利用総額ではなく、利用ごとに計算されます)。

Suicaへのチャージは、400で割り切れる2,000円単位で行うことをおすすめします。オートチャージを利用される方は、2,000円単位の金額を設定すると無駄なくポイントが獲得できます。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンSuicaカード

 

JR東日本での利用は全てポイントが半分(参考)

Suicaへのチャージで、ときめきポイントがもらえるのは、メリットだと思います。400円で1ポイントという低い還元率(0.25%)ですが、デポジット式のSuicaでは、一切、還元がないからです。

しかし、イオンSuicaカードをJR東日本で利用した場合、Suicaのチャージ以外でも、400円で1ポイントになることには注意ください。

JR東日本
みどりの窓口で、長距離の高額な切符を買った場合でも、イオンSuicaカードで購入すると、400円で1ポイントになります。

券売機、びゅうプラザ、VIEW ALTTEで、イオンSuicaカードを利用した場合も同様です。

イオンSuicaカードで切符を購入した場合は、国内旅行傷害保険(後述)が付帯されるため、ポイントの還元は少なくてもよいと考えることもできます。

しかし、ポイントの還元だけを考えると、高額な切符の購入などでイオンSuicaカードの利用は、お得ではありません。

 

年会費無料でデポジット(500円)も不要

Suica機能のついたクレジットカードは、年会費が有料のカードが多いです。JR東日本の「ビュー・スイカカード」も年会費が必要です。

ビュー・スイカカード

全てのクレジットカードを確認したわけではありませんが、Suica機能のついたクレジットカードで、年会費が無料のものは、イオンSuicaカードだけだと思います。

また、JR東日本の窓口でSuicaを作るときには、デポジット(預り金)が500円必要になりますが(解約時に返金されます)、イオンSuicaカードでは、デポジットは必要ありません。

私は、500円預けて作ったSuicaは解約して500円返金してもらいました。

余談ですが、Suicaの残高を0円にして解約すると、手数料が一切かからずに500円戻ってきます(Suicaの残高が残っていると手数料が残高から引かれてしまいます)。

 

モバイルSuicaが年会費無料

モバイルSuicaが、年会費無料で利用できます。

モバイルSuica

モバイルSuicaとは、携帯情報端末(スマホを含む)に、Suicaの機能をつけるサービスです。Suicaカードの代わりに、携帯情報端末が使えます。

モバイルSuicaの利用は、JR東日本のVIEWカード(ビューカード)であれば、年会費無料になります。それ以外のクレジットカードは、年会費1,030円が必要になります。

viewのマーク

イオンSuicaカードは、イオンカードですが、JR東日本のVIEWカードのマークもついています。

このマークのあるカードは、モバイルSuicaが年会費無料で利用できるため、イオンSuicaカードでも年会費が無料になります。

 

入会キャンペーンでポイントがもらえる

インターネットからの申し込み限定になりますが、私がイオンSuicaカードを作ったときは、入会および利用で、ときめきポイントがもらえるキャンペーンをやっていました。

入会キャンペーンは不定期に実施され、キャンペーンの内容も変わります。現在のキャンペーンは公式ホームページで確認ください。

追記

2016年12月1日~2017年2月28日にインターネットから申し込みをされた方を対象に入会キャンペーンが始まりました。

公式ホームページは、こちらからお願いします ⇒ イオンSuicaカード

 

貯まったポイントはSuicaに交換できる

イオンカードの中でイオンSuicaカードだけが、ポイントをSuicaに交換できます。

ときめきポイントのSuicaへの交換

ときめきポイント1,000ポイントで、Suica1,000円への交換になります(交換は1,000ポイント単位です)。電子マネーWAONへの交換と同様に、1ポイント=1円での交換になります。

私のように複数のイオンカードを持っていて、イオンSuicaカード以外のイオンカードをメインに使っている場合は、イオンSuicaカードだけで1,000ポイント貯めることは難しいです。

しかし、ポイントの合算という方法があるため、イオンSuicaカードに少量のポイントがあれば、他のイオンカードのポイントと合算してSuicaに交換できます。

ポイントの合算(補足)

イオンカードは種類が多くあります。そして、ポイントで交換できる商品が限定されているカードがあります。また、特定のカードでしか交換できない商品もあります。

一方で、複数のイオンカードを持っている場合、ポイントの合算も認められています。

ポイントの合算を利用すれば、実質的に他のイオンカードへポイントの移行ができるため、交換対象商品が増えます。また、ポイントを無駄なく利用できます。

 

イオンカードの特典が全て受けられる

イオンSuicaカードは、イオンカードの分類で、「提携カード」に該当しません。

お客さま感謝デー

「提携カード」に該当しないイオンカードには、イオンカードの基本的な特典が、全て適用されます。イオンSuicaカードに適用される特典は、以下のとおりです。

イオン店舗での割引などの特典

  • お客さま感謝デー(毎月20、30日)・・・5%OFF
  • ありが10デー(毎月10日)・・・ポイント5倍
  • イオン店舗で、ときめきポイント2倍(いつでも)
  • G.G感謝デー(毎月15日)・・・55歳以上の方限定の5%OFF

 

また、割引パスポートも、イオンSuicaカードには送られてきます(「提携カード」には送付されない特典です)。

サンキューパスポート
割引パスポートのサンキューパスポートです

写真のサンキューパスポートは、イオン店舗でカードを利用すれば、毎月、送られてきます。イオン店舗で、5%または10%割引での買い物ができます(対象外商品もあります)。

 

ときめきWポイントデー(毎月10日)のポイント2倍の特典も適用されます(イオン店舗以外での買い物で、適用されます)。

しかし、電子マネーWAONはついていないため、WAONに関する特典を受けるためには、WAONカードプラス(別のカード)の発行が必要になります(後述)。

 

イオンシネマの映画料金の割引

イオンシネマ

イオンSuicaカードのクレジット払いで、イオンシネマの映画料金が、以下のように割引されます。

  • 通常の日・・・一般料金から300円割引(同伴の方1名を含む計2名まで)
  • 毎月20日、30日(お客さま感謝デー)・・・料金が1,100円(ご本人のみ)

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンSuicaカード

 

傷害保険もついています

年会費無料にもかかわらず、海外旅行傷害保険および国内旅行傷害保険がついています。

補償される金額は低いですが、保険がついていること自体が、すごいことだと思います。

なお、イオンカードのショッピングセーフティ保険(購入品の破損などに対する補償)は、イオンSuicaカードにも適用されます。

イオンカードについている保険

ショッピングセーフティ保険については、イオンカードは年会費無料ですが、すごい保険、補償つきですを、よろしければ、参照ください。

 

イオンSuicaカードは、年会費無料にもかかわらず、ついている保険が多いです。

傷害保険がイオンSuicaカードについている理由ですが、イオンSuicaカードは、JR東日本のVIEWカード(ビューカード)としての側面があるからです。

viewのマーク

モバイルSuicaのところでも触れましたが、イオンSuicaカードには、viewのマークがあります。このため、イオンSuicaカードには、ビューカード旅行傷害保険が付帯されています。

 

海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険については、この補償内容で海外に行くのは、海外の医療費は高額のため、少し不安を感じますが、ちょっとしたケガや病気であれば保険で全額が補償されます(傷害、疾病治療費用は最高50万円です)。

海外旅行傷害保険は、旅行代金をイオンSuicaカードで決済する必要がない自動付帯になります。特に条件がなく、自動的に保険が適用されます。

海外旅行傷害保険の内容

適用条件:自動付帯(条件はありません)

適用期間:出国から最大90日

保険金
死亡・後遺障害保険金 最高500万円
傷害治療保険金    最高 50万円
疾病治療保険金    最高 50万円
*携行品損害の補償はありません

日本語救急サービス
病気、ケガの際は、東京海上日動海外総合サポートデスク(フリーダイヤル24時間対応)が利用できます。

*利用予定の方は、海外へ出発前に、ご自身で補償内容を確認ください。

 

国内旅行傷害保険

駅構内を含む電車に乗車中などの事故に適用される国内旅行傷害保険については、傷害保険に加入していない方も多いと思いますので、役に立つ補償内容だと思います(入院3,000円/日、通院 2,000円/日です)。

国内旅行傷害保険の対象となる国内旅行事故は、「公共交通乗用具」の搭乗中に起きた事故になります。改札口がある場合は、乗車場構内(改札口内)も対象になります。

「公共交通乗用具」とは、鉄道事業法など各種法律に基づいた事業を行う機関で、いわゆる公共交通機関のことです。電車、船舶、航空機、バスなどが該当します。

国内旅行傷害保険については、海外旅行傷害保険と違い、イオンSuicaカードで決済した場合にのみ保険が適用される利用付帯になります。

国内旅行傷害保険の内容

適用条件:利用付帯(イオンSuicaカードの利用が必要です)

保険金
死亡・後遺障害保険金 最高 1,000万円
入院保険金      日額  3,000円
手術保険金      入院保険金日額の10倍(入院中)または5倍(入院中以外)
通院保険金      日額  2,000円

*詳細な内容については、「旅行傷害保険のご案内」(カード作成時に郵送されてきます)をご覧ください。

 

JR東日本のサービスが割引

イオンSuicaカードの利用または提示で、JR東日本のサービスが割引になる場合があります。

他の割引とは併用できませんが、正規料金で利用する場合は、イオンSuicaカードの利用または提示がお得になります。

駅レンタカー

駅レンタカーを利用の際、イオンSuicaカードの提示で、基本料金から10%割引での利用が可能です。

駅レンタカー

JR東日本ホテルズ

イオンSuicaカードの利用(決済)で、JR東日本ホテルズの宿泊代金、レストランおよびバーの利用代金が、5%から20%割引になります。

また、JR東日本ホテルズでのチェックイン時、イオンSuicaカードを提示することにより、チェックアウト時間を無料で12時まで延長できます。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンSuicaカード

イオンSuicaカードのデメリット

イオンSuicaカード(WAON一体型)にはできません

<追記>

WAONPOINTカード
WAONPOINTカードです

2016年6月のWAONPOINTカードの発行に伴い、電子マネーWAONのボーナスポイントは、イオンSuicaカードを含むイオンカードも対象になりました。

*イオンカードのクレジット払い、イオンカードを提示して現金の支払いでも、ボーナスポイントが付与されます

電子マネーWAONが使えなくても、イオン店舗の買い物でのデメリットは少なくなりました。

変更後のポイントの貯まり方は、WAON POINTカードより、イオンカードの方がお得ですで、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

<追記終わります>

 

イオンカードの多くは、電子マネーWAONが使えますが、イオンSuicaカードにはWAONがついていません。

おそらく、SuicaとWAONを1枚のカードにすることで、何か問題が生じるのだと思われます。

WAON機能なし

このため、イオンSuicaカード(WAON一体型)というカードは存在しません。

JR北海道、JR九州のICカードがついた「イオンカードKitaca」、「イオンSUGOCAカード」も、イオンSuicaカードと同じように、WAON一体型にはできません。

 

イオンSuicaカードでWAONを使う場合は、WAONカードプラスというWAON機能がついたカードの追加発行が必要です。

WAONカードプラス
 WAONカードプラス

WAONカードプラスにより、イオンSuicaカードでのクレジットカード払いによるWAONのオートチャージが可能になります。

しかし、イオンSuicaカードとWAONカードプラスの2枚を持つことになります。また、WAONカードプラスは、発行手数料300円もかかります。

WAONカードプラスを作るのであれば、イオンカード(WAON一体型)やイオンカードセレクトといったWAON機能のついた標準的なイオンカードと併用した方がよいと感じます。

 

イオンカードセレクトには、イオンSuicaカードを含む他のイオンカードにはない独自の特典があります。

イオンカードセレクト
イオンカードセレクト

また、イオンカード(WAON一体型)、イオンカードセレクトは、利用状況によって、イオンゴールドカードへの招待(格上げ)があります。

イオンSuicaカードは、イオンゴールドカードへの招待がありません(後述)。

このため、私は、イオンカード(WAON一体型)とイオンSuicaカードの2枚のイオンカードを作って併用しています。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンSuicaカード

イオンカードからの切り替えは可能(参考)

WAON機能のついていないイオンカードからのみ、イオンSuicaカードへの切り替えができます。

イオンカードからイオンSuicaカードへの切り替え

1枚のカードにWAONとSuicaの機能を同時につけられないため、WAON機能のついているイオンカード(WAON一体型)からの切り替えはできないという事情があるからです。

 

イオンsuicaゴールドカードは用意されていません

イオンゴールドカードは、申し込みにより発行されるものではなく、イオンカードの利用状況など一定の基準を満たしたときに招待されるカードになります。

年会費無料で、イオンカードの基本的な特典に加えて、さらに充実した特典が受けられます。

イオンゴールドカードは発行されない

しかし、イオンSuicaカードのイオンゴールドカードは用意されていないため、イオンゴールドカードの発行条件を満たしても、イオンゴールドカードへの招待はありません。

イオンゴールドカードを手にされたい方は、イオンゴールドカードが用意されているイオンカード(WAON一体型)、イオンカードセレクトを作る必要があります。

また、クレジットカード機能のみのイオンカードも、イオンゴールドカードが用意されています。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカードセレクト

 

JR東日本のヘビーユーザーには物足りない

JR東日本で、定期券の購入をされていたり、Suicaを頻繁に利用されている方にとって、イオンSuicaカードの還元率は物足りないと思います。

「ビュー・スイカカード」といったJR東日本グループが発行しているクレジットカードは還元率が高いため、ポイントの還元のみを考えると、イオンSuicaカードは、おすすめできません。

 

カード更新時にSuica残高が引き継がれない

イオンSuicaカードの更新時、新しいカードにSuicaの残高は引き継がれません。

旧カードのSuicaの残高がなくなるまで使い切るか、JR東日本で返金手続きが必要になります。「VIEW ALTTE」で、残高の払い戻しが、返金手数料無料で行えます。

他のSuicaと提携しているクレジットカードも同じようです。「JALカードSuica」の公式ホームページでも破棄する前に返金手続きをするように書かれていました。

カード更新時は、少しだけ面倒な手続きが必要になると思います。

 

家族カードは作れません

イオンカードは、家族カードが3枚まで追加で作れる場合が多いのですが、イオンSuicaカードは家族カードが作れません。

家族のイメージ画像
家族の方は、新規にイオンSuicaカードを申し込む必要があります。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンSuicaカード

 

発行期間が長い

私の場合は、イオンSuicaカードのインターネットでの申し込みから郵送で届くまで、2週間くらいでした。

イオンカード(WAON一体型)は10日くらいで届きましたので、イオンSuicaカードは3、4日遅かったのですが、それほど遅いとは感じませんでした。

しかし、届くまでに1カ月近くかかったという声もインターネット上にはありました。

申し込みの翌日には、本人確認書類の提出を求められたので、審査期間は1日程度になりますが、審査後の発行が遅いようです。

Suica機能がついているため、イオンカードでの処理に加えて、JR東日本側でもSuica発行の処理が必要になるためです。

 

解約(退会)時にカードの返却が必要です

イオンカードの解約(退会)は、コールセンターに電話をすれば、簡単に完了します。カードは自分で破棄して返却の必要はありません。

しかし、イオンSuicaカードは、例外的な取り扱いがされていて、解約の際はカードの返却が必要です。

まとめ

イオンSuicaカードは、Suica機能がついたイオンカードです。Suicaのチャージで、ときめきポイントが貯まり、Suicaのオートチャージもできます。

また、イオンカードの基本的な全ての特典を受けることができるため、イオン店舗で、お得な買い物もできます。

一方で、電子マネーWAONが使えないという不便なところもあります。そこで私は、イオンSuicaカードとイオンカード(WAON一体型)を併用しています。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンSuicaカード

 

イオンSuicaカードを検討されている方の参考になれば幸いです。

Pocket

公開日:2016/01/26