クレジットカードで、お得な買い物をしています

普段の買い物で、クレジットカードを使い、お得な割引などを受けています。
実際に使っているクレジットカードの特典などの情報を提供しております。

イオンカード(JCBマークつき)とJCBカードの違い

 

イオンカードを作る際、JCBマークのついたイオンカードを選べます。

国際ブランドJCBのついたイオンカード
イオンカード(JCBマークつき)です

JCBマークのついたイオンカードには、下記の2つのマークがついています。

イオンのマーク
     
JCB

イオンのマーク(左)とJCBのマークです

 

一方で、JCBカードには、JCBのマークのみがついています。

JCBカード(一般カード)
JCBカード(一般カード)です

 

イオンカード(JCBマークつき)とJCBカードは、どちらもJCB加盟店で使えるため、日本だけではなく、世界の主要都市で使えるクレジットカードです。

しかし、両者は大きく仕様の違うカードといえます。また、違いを少し分かりにくいと感じられる方もいるのではないでしょうか。

イオンカード(JCBマークつき)とJCBカードの違いについて紹介します。

 

イオンカードを利用中の方、作成を検討されている方の参考になれば幸いです。

JCBのクレジットカード事業の2つの側面

イオンカード(JCBマークつき)とJCBカードの違いを紹介する前に、JCBのクレジットカード事業について、簡単に紹介します。

JCBは、クレジットカードに関する多くの事業を行っていますが、主な事業に、下記の2つがあります。

  • 国際ブランドJCBを管理する事業
  • クレジットカードを発行する事業

 

国際ブランドとしてのJCB

国際ブランドは、世界中の多くの場所で、クレジットカードが利用(決済)できる仕組みを提供しています。

VISA、MasterCard
国際ブランドは、VISA、MasterCardが有名ですが、JCBも国際ブランドです。JCBは、日本唯一の国際ブランドで、世界においても認められています。

余談になりますが、国際ブランドは、ほとんどアメリカに本部があります。

銀聯(ぎんれん)
アメリカ以外の国際ブランドは、日本のJCBと中国の銀聯(ぎんれん)のみです。

クレジットカード発行会社(イシュア)は別になります

JCBは、国際ブランド「JCB」を、カード発行会社(イシュア)に貸して、JCBブランドで決済された取引に対して、手数料を受け取っています。

*クレジットカードを発行している会社は、イシュアといわれます

イオンカードの発行元のイオン銀行も、JCBから国際ブランドを借りているクレジットカード発行会社の1つです。

 

クレジットカード発行会社(イシュア)としてのJCB

JCBは、国際ブランド「JCB」を管理するだけではなく、自らクレジットカードも発行しています。

JCBが直接発行するカードが、JCBカードになります。

このように、JCBは、国際ブランドを管理する会社であると同時に、クレジットカードを発行する会社でもあります。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

イオンカード(JCBマークつき)とJCBカードの違い

先ほど紹介したように、イオンカード(JCBマークつき)とJCBカードには、下記のような性格の違いがあります。

  • イオンカード・・・JCBから国際ブランド「JCB」を借りている
  • JCBカード・・・JCBが自ら発行している

以下で、両者の主な仕様の違いを、比較表で紹介します。

カードの種類  
国際ブランドJCBのついたイオンカード
イオンカード
 
JCBカード(一般カード)
JCBカード
発行元 イオン銀行 JCB
国際ブランド JCB JCB
国内ブランド イオンカードの国内ブランド
ポイント ときめきポイント
(イオンカードのポイント)
Oki Dokiポイント
(JCBカードのポイント)
特典 イオンカードの特典
(JCBの特典も一部あり)
JCBカードの特典

 

発行元

イオンカードの発行元は、イオン銀行です。

イオン銀行
入会審査も、発行元のイオン銀行が行います。

*実際の審査業務は、イオンクレジットサービスが、多くの部分を受託しているようです

このため、入会審査の基準は、イオンカードの基準になり、JCBカードの審査基準とは違います。

よろしければ、イオンカードの審査が甘いといわれる理由を紹介しますも、参照ください。

 

国際ブラントと国内ブランド

イオンカードには、国際ブランドJCBの他に、イオンカードの国内ブランドもついています。

イオンのマーク

上の画像にあるイオンのマークは、イオンカードの国内ブランドです。

国内ブランド(ローカルブランド)とは

国内ブランドは、国際ブランドとは違い、多くの場所では使えない決済ブランドです。

お店のレジにあるクレジットカードのマークに、イオンのマークも含まれていることがあります。このようなお店は、イオンカードの国内ブランドの加盟店です。

国内ブランドの決済では特典が多い

イオンカードの加盟店では、JCBの国際ブランドを使った決済ではなく、イオンの国内ブランドを使った決済になります。

イオンの国内ブランドを使った決済では、JCBへの手数料が生じません(イオン銀行は、JCBに手数料を払う必要がありません)。

イオン店舗

代表的なイオンカードの加盟店は、イオン店舗です。

イオンカードのイオン店舗での利用で、多くの特典が用意されているのは、JCBへの手数料が生じないことも理由の1つといえるでしょう。

イオンカードの国内ブランドなどを、イオンカードが使える店で、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

 

貯まるポイント

イオンカードは、多くの種類が用意されていますが、カードの利用で貯まるポイントは、原則として、ときめきポイントです。

ときめきポイントとOki Dokiポイント
ときめきポイント(左)とOki Dokiポイントです

ときめきポイントは、JCBカードの利用で貯まるOki Dokiポイントとは、全く別のポイントです。

 

特典

イオンカードは、イオンカードとしての特典が用意されています。

イオンお客さま感謝デー

イオンカードの特典などについて、イオンカードのメリット(利点)で、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

JCBマークのついたカードの特典

JCBマークのついた全てのカードに適用される特典があり、JCBマークのついたイオンカードにも適用されます。

JCBマークのついたカードの特典

上の画像は、JCB公式ホームページにあったキャンペーンの1つですが、適用される発行会社一覧に、イオン銀行の記載があります。

その他にも、海外でJCBブランドで決済することで、割引を受けられるなどの特典が用意されています。

JCBカードのみの特典

JCBが発行するJCBカードには、独自の特典が用意されています。

JCBカード独自の特典は、イオンカードには適用されません。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

イオンカードのVISA、MasterCardについて(参考)

ディズニー・デザインなど一部のイオンカードは、国際ブランドがJCBに限定されます(他の国際ブランドは選べません)。

イオンカード(WAON一体型/ディズニー・デザイン)
イオンカード(WAON一体型/ディズニー・デザイン)です

なお、ディズニー・デザインのイオンカードは、JCBがディズニーと提携関係にある事情があり、他の国際ブランドは選べなくなっています。

よろしければ、ディズニー・デザインのイオンカードの特徴についても、参照ください。

 

VISA、MasterCard

しかし、多くのイオンカードは、JCBの他に、VISA、MasterCardも選べます。

VISA、MasterCardの加盟店は、JCBの加盟店よりも多いため、海外に行くときは、VISA、MasterCardのブランドは便利といえます。

よろしければ、イオンカードの国際ブランドの選び方も、参照ください。

 

VISA、MasterCardマークのついたイオンカードについても簡単に紹介します。

 

イオンカード(VISAマークつき)

VISAマークのついたイオンカードは、イオン銀行が、VISAの国際ブランドを借りて、カードを発行します。

イオンカード(VISAマークつき)

また、VISAは、国際ブランドの管理のみを行っていて、JCBのように、自らクレジットカード発行は行っていません。

VISAマークのついた全てのカードに適用される特典、優待などは、VISAマークのついたイオンカードに適用されます。

 

イオンカード(MasterCardマークつき)

MasterCardマークのついたイオンカードは、イオン銀行が、MasterCardの国際ブランドを借りて、カードを発行します。

イオンカード(MasterCardマークつき)

MasterCardも、VISAと同じで、自らクレジットカード発行は行っていません。

MasterCardマークのついた全てのカードに適用される特典、優待などは、MasterCardマークのついたイオンカードに適用されます。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

イオンカードの国際ブランド(JCBからVISAなど)の変更(参考)

注)以下は、イオンカードのコールセンターに問い合わせをして記載しています。詳細は、お手数ですが、申し込みの際、コールセンターに確認ください。

 

カード発行会社によっては、国際ブランドの変更はできない場合もありますが、イオンカードの国際ブランドは変更できます。

申し込み方法(窓口)

イオンカードのコールセンター
イオンカードのコールセンターから申し込みください(電話してください)。インターネットから申し込みはできません。

審査はあるのか

新規申し込み時にあるような入会審査はありません。

変更すると元には戻せません

同じ国際ブランドのカードは一度だけしか作れません。元のブランドに戻すことはできません。
同じ国際ブランドは一度のみ

ポイントの引継ぎについて

現在、電子マネーWAONが一体化しているイオンカードには、3つのポイントがあります。引継ぎは、下記のようになります。

  • ときめきポイント・・・自動で引き継がれる
  • WAONポイント・・・WAONステーションで手動で引継ぎが必要
  • WAON POINT・・・自動で引き継がれる

WAONポイントのみ、手動で引継ぎが必要ですが、WAONポイントは、1ポイントから電子マネーWAONに交換できるため、使い切ってもよいのではないでしょうか。

その他の点については、申し込み時、コールセンターで確認ください。

最後に

イオンカード(JCBマークつき)とJCBカードの違いについて紹介しました。

JCBは、国際ブランドの会社であり、また、クレジットカードの発行も行っているため、少し分かりにくいところがあります。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

 

イオンカード(WAON一体型)より、特典の多いイオンカードセレクトも、おすすめです。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒  イオンカードセレクト

イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトの違いも、参考にしてください。

どちらのイオンカードもインターネットからの申し込み限定で、入会キャンペーン中です。

 

他の種類のイオンカードについても紹介しています。

イオンカードを利用中の方、作成を検討されている方の参考になれば幸いです。

公開日:2017/02/08


関連記事