無職でも作れるイオンカード(クレジットカード)の記入例

無職の私でもイオンカード(クレジットカード)を作ることができました。
クレジットカードの審査に通るコツやイオンカードの特典などの情報を提供しております。

ダイエーでの買い物はイオンカードがお得です

Pocket

 

ダイエーでの買い物に、イオンカードを利用することで、多くの特典を受けられます。

ダイエーのロゴ

また、2016年6月のWAON POINTカード(共通ポイントカード)の発行にあわせて、イオンカードのダイエーでのポイントが、下記のように変更されています。

  • イオンカードの支払いで、毎日(いつでも)ポイントが2倍
  • イオンカードの支払いで、毎週日曜日はポイントが10倍

*毎週日曜日のポイント10倍は、2017年2月までの期間限定が予定されています

以前は、ダイエーでの買い物といえば、OMCカードでしたが、現在は、ダイエーでの特典にはイオンカードが必要です。

 

イオンカード(WAON一体型)
     
イオンオーナーズカード

*利用中のイオンカード(WAON一体型)とイオンオーナーズカードです

私は、ダイエーで買い物をするときは、イオンカード(WAON一体型)とオーナーズカード(イオンの株主優待カード)を利用しています。

 

イオンカードのダイエー店舗での特典などを紹介します。

ダイエーを利用される方、イオンカードを利用される方の参考になれば幸いです。

ダイエー店舗でイオンカードの特典を受けられる理由

ご存じの方も多いと思いますが、なぜ、イオンカードをダイエー店舗で使うと、特典が受けられるのかについて、紹介します。

ダイエーは、過去において、日本で首位のスーパーでした。しかし、長期の経営不振により、2015年1月より、イオンの完全子会社になりました。

現在のダイエーは、独立した経営ではなく、完全にイオングループの一員になっています。

ダイエーからイオンへ

イオンでは、ダイエー店舗のイオン店舗への転換をすすめています。順次、ダイエーからイオン店舗への改装が行われています。

2018年をめどに、ダイエーの看板が消える(全てイオン系の店舗になる)とされています。

 

ダイエー店舗からイオン店舗への転換
ダイエー店舗からイオン店舗への転換のお知らせ(ダイエー公式ホームページより)

 

上記のような事情があるため、ダイエーで特典を受けられるクレジットカードも、OMCカードからイオンカードに変わりました。

(参考)OMCカードは、三井住友フィナンシャルグループのセディナが発行しています。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

イオンカードのダイエーでの特典

ダイエー店舗は、いずれイオン店舗に変わる予定です。このため、近い将来において、(現時点の)ダイエー店舗とイオン店舗には、全く同じ特典が適用されると思われます。

イオンカード(WAON一体型)2枚

しかし、現時点では、イオンカードを利用した買い物で受けられる特典は、ダイエー店舗とイオン店舗では違いがあります。

ダイエーで、イオンカードを利用した場合に受けられる特典には、以下のものがあります。

なお、グルメシティでも、同じ特典が適用されます。

 

お客さま感謝デー(毎月20、30日)

毎月20、30日は、お客さま感謝デーの5%OFFになります。

ダイエーのお客さま感謝デー

イオンマークのついている全てのカードが対象になります(「提携カード」も対象です)。

イオンカードの他に、電子マネーWAONカード、WAON POINTカードでも、5%割引が適用されます。

 

ときめきポイントが2倍(いつでも)

ダイエー店舗では、いつでも、ときめきポイントが2倍です(200円で2ポイント)。

ときめきポイントが、いつでも2倍

イオンマークのついている全てのカードが対象になります(「提携カード」も対象です)。

*イオンJMBカードなど一部対象外カードがあります

ときめきポイントが2倍は、イオンカードのみの特典で、電子マネーWAONカード、WAON POINTカードには適用されません。

 

ときめきポイントが10倍(毎週、日曜日)

毎週、日曜日は、ときめきポイントが10倍です(200円で10ポイント)。

毎週日曜日はポイントが10倍
*正確には、いつでも2倍に、日曜日の8倍が加わり、10倍になります(画像参照)

 

イオンカードの他に、電子マネーWAONカードでもポイントが10倍になります(WAONポイントが10倍)。

なお、WAON POINTカードには、ポイント10倍の特典は適用されません。

 

また、この特典は、ダイエー店舗(およびグルメシティ)に期間限定で適用される特典になります。イオン店舗では、原則として、日曜日のポイント10倍は適用されません。

ダイエーとグルメシティ
ただし、ダイエー店舗から改装したイオン店舗(旧ダイエー店舗)では、適用される場合があり、店舗にポスターなどで告知されています。

適用期間は2017年2月26日(日)までを予定しています。

 

イオンマークがついている全てのカードが対象ではなく、提携カードは対象外になります。

どのカードが提携カードかについては、イオンカード(全種類)の機能などが比較できる一覧表で、確認できますので、よろしければ、参照ください。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

 

ダイエー店舗では適用されないイオンカードの特典(参考)

  • ありが10デーのポイント5倍(毎月10日)
  • G.G感謝デー(55歳以上の方限定)の5%OFF(毎月15日)

上記の2つの特典は、イオン店舗では適用されますが、ダイエー店舗では適用がありません。

 

オーナーズカード(イオン株主優待カード)も使えます

ダイエー店舗では、オーナーズカードの提示により、割引を受けることができます。

イオンオーナーズカード

オーナーズカードについて、オーナーズカード(イオン株主優待)で毎日がお客さま感謝デーにで、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

 

ダイエー店舗でのイオンカード申し込みは、お得ではありません(参考)

ダイエー店舗では、申し込みカウンターを設置して、イオンカード会員を募集していることも多いです。

ダイエー店舗でのイオンカード申し込みカウンター
イオンカード申し込みカウンターです(ダイエー店舗のみで適用される日曜日の特典がアピールされています)

ダイエー店舗で、イオンカードの申し込みをした場合、申し込みキャンペーンは、少額になります(キャンペーンがない場合もあります)。

上記の画像にある申し込みカウンターでは、申し込みキャンペーンを実施していませんでした。

 

また、イオン店舗でのイオンカード申し込みでも、同じように、申し込みキャンペーンの特典は少額です(1,000円程度です)。

イオン店舗

一方で、インターネットから、イオンカードの申し込みをした場合、キャンペーンは、継続的に実施されていて、最大で5,000円程度のポイントがもらえます。

イオン店舗とインターネットのキャンペーンの比較は、よろしければ、イオンカードの店頭申し込みキャンペーンは、お得ではありませんを、参照ください。

 

現在のインターネット限定のキャンペーンについては、お手数ですが、公式ホームページで確認ください。

公式ホームページは、こちらよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

OMCカードのダイエー店舗での特典の終了(参考)

ダイエー店舗でのOMCカード利用で適用のあった以下の特典が、2016年2月末で終了しています。

  • お客さま感謝デー
  • OMCカード会員優待デー

OMCカードのダイエーでの特典の終了

 

上記の特典が終了した現在でも、OMCカードには、ダイエーでの買い物で、毎日、ポイントが3倍という特典があります(200円で3ポイント)。

*OMCカードは、イオン、イトーヨーカドー、セブン‐イレブンなどでも、毎日、ポイントが3倍です

しかし、ダイエーでの特典のためにクレジットカードを作る際は、OMCカードではなく、イオンカードを選ぶことが一般的です。

また、OMCカードは、年会費が1,000円(税抜)必要です。イオンカードは、年会費が無料のため、この点でも、おすすめできます。

 

OMCカードからイオンカードに変更される方へ

OMCカードとイオンカードは、以下のように、発行元が違います。

  • OMCカード・・・セディナ(三井住友フィナンシャルグループ)
  • イオンカード・・・イオン銀行(イオングループ)

セディナとイオン銀行

このため、OMCカードからイオンカードに、切替はできません。

イオンカードを新規に申し込み、OMCカードを解約することで、変更ができます。また、イオンカードとOMCカードを同時に2枚持つこともできます。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

 

ハートポイントカードも終了

WAON POINTカードの開始に伴い、ダイエー店舗で使えたハートポイントカードが、2016年5月末に終了しました。

ハートポイントカード
終了したハートポイントカードです

ダイエーで、ポイントを効率よく貯めるためには、イオンカード(または電子マネーWAONカード)を作る必要がありそうです。

現金、電子マネーWAON、クレジット払いでのポイントの貯まり方について、WAON POINTカードより、イオンカードの方がお得ですで、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

最後に

ダイエー店舗での買い物では、イオンカードの特典が受けられます。

ダイエーで買い物をされる方には、イオンカードの作成をおすすめします。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

 

イオンカード(WAON一体型)より、特典の多いイオンカードセレクトも、おすすめです。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカードセレクト

イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトの違いも、参考にしてください。

どちらのイオンカードもインターネットからの申し込み限定で、入会キャンペーン中です。

 

他の種類のイオンカードについても紹介しています(イオンカードは複数枚作れます)。

ダイエーを利用される方、イオンカードを利用される方の参考になれば幸いです。

Pocket

公開日:2016/06/17