クレジットカードで、お得な買い物をしています

普段の買い物で、クレジットカードを使い、お得な割引などを受けています。
実際に使っているクレジットカードの特典などの情報を提供しております。

初めて作るイオンカードの選び方(イオンカードを作るなら)

 

初めてイオンカードを作る方向けに、イオンカードの選び方を紹介します。

イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクト
 左がイオンカード(WAON一体型)、右がイオンカードセレクトです

 

イオンカードは、デザインの違いも含めると、53種類あります。

イオンカード全種類
*イオンカード公式ホームページのカード一覧にあるカード数です

イオンカードを作ったことがない方は、違いが分かりにくいと思います。イオンカードを作るなら、どのカードがよいか迷われるのではないでしょうか。

 

私は、最初に、イオンカード(WAON一体型)を作ったときは、あまりイオンカードの違いが分かっていませんでした。

イオンカード(WAON一体型)
利用中のイオンカード(WAON一体型)です

作成した後に、他のイオンカードへ切り替えができるカードもありますが、全てのカードが切り替えには対応していません。

できれば、最初から自分にあったイオンカードを選びたいところです。

それでは、イオンカードの選び方について、みていきたいと思います。

 

イオンカードを作る方の参考になれば幸いです。

イオンカードの選び方のフローチャート

イオンカードの選び方のフローチャート

 

イオンカードの選び方のフローチャートです。簡潔にイオンカードを選ぶのであれば、このフローチャートでも十分かと思います。

 

標準的なイオンカード

一般的にイオンカードといわれる標準的なイオンカードを作りたい方は、以下の3種類のカードから、選ぶことをおすすめします。

  • イオンカード(WAON機能なし)
  • イオンカードセレクト
  • イオンカード(WAON一体型)

 

イオンカード(WAON機能なし)

電子マネーWAONが不要な方には、イオンカード(WAON機能なし)をおすすめします。

イオンカード
WAONのついていないイオンカードです

ただし、イオンカード(WAON機能なし)は、ICチップがついていないため、セキュリティ面での弱さには留意ください。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード

 

イオンカードセレクト

電子マネーWAONを利用したい方で、イオン銀行に口座を作りたい(作ってもよい)方には、イオンカードセレクトをおすすめします。

イオンカードセレクト
WAON、イオン銀行のキャッシュカードのついたイオンカードセレクトです

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒  イオンカードセレクト

 

イオンカード(WAON一体型)

電子マネーWAONを利用したい方で、イオン銀行の口座は不要な方には、イオンカード(WAON一体型)をおすすめします。

イオンカード(WAON一体型)
WAONのついたイオンカード(WAON一体型)です

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

 

よろしければ、イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトの違いも、参照ください。

イオンカード(WAON一体型)、イオンカードセレクトは、ディズニー・デザインを選ぶこともできます。また、55歳以上の方はGGマーク付きにすることもできます(後述)。

 

提携イオンカード

提携イオンカードは、提携先のサービスを利用されている方には、独自の特典があるため、お得なカードです。

提携イオンカード

提携イオンカードも含めた全てのイオンカードについて、イオンカード(全種類)の機能などが比較できる一覧表で、確認できますので、よろしければ、参照ください。

 

公式ホームページのカード一覧で確認される方は、下記よりお願いします。

公式ホームページ(暮らしのマネーサイト)のカード一覧 ⇒ イオンカード

 

以下で、フローチャートの内容について、もう少し詳しく紹介します。

標準的なイオンカードと提携イオンカード

イオンカードは大きく分けて、標準的なイオンカードと提携イオンカードに分かれます。

標準的なイオンカード

標準的なイオンカードとは、イオングループのサービスのみがついたカードになります。

標準的なイオンカードという表現は、公式なものではありませんが、説明のために使っています。

*標準的なイオンカードは、プロパーカード(クレジットカード業界の用語)と表現される場合があります。

 

標準的なイオンカードは、以下の3種類になります。

  • イオンカードセレクト
  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカード(WAON機能なし)

イオンカードセレクト
イオンカードセレクトです

標準的なイオンカードは、イオンカードセレクトのような紺色のデザインになります。

イオンカードセレクト(ディズニー・デザイン)
ディズニー・デザインのイオンカードセレクトです

また、2014年11月よりディズニー・デザインが加わり、ディズニー・デザインのカードを選ぶこともできます。

標準的なイオンカードを検討される方

標準的なイオンカードを検討される方は、お手数ですが、標準的なイオンカードの選び方(総論)に、お進みください。

 

提携イオンカード

提携イオンカードは、イオングループと他の企業が提携して発行するイオンカードになります。

イオンカードの提携カード

提携イオンカードという表現は、イオンカード公式ホームページ(暮らしのマネーサイト)の「提携カード」とは範囲が違いますが、説明のために使っています。

提携イオンカードには、イオングループ以外の機能、特典がついています。一方で、イオンカードの基本的な特典が制限される場合があります。

提携イオンカードのイオンカードとしての特典については、全てのイオンカードに対応する特典の一覧表を作りましたを、よろしければ、参照ください。

 

提携イオンカードを検討される方

提携イオンカードは、イオンカードの特典を受けながら、提携先の企業の特典やサービスを、1枚のカードで利用できます。

提携先の企業に利用しているサービスがある方に、おすすめできるイオンカードです。

よろしければ、イオンカード(全種類)の機能などが比較できる一覧表に、希望されるカードがないか確認ください。

 

公式ホームページのカード一覧で確認される方は、下記よりお願いします。

公式ホームページ(暮らしのマネーサイト)のカード一覧 ⇒ イオンカード

標準的なイオンカードの選び方(総論)

標準的なイオンカードは、イオンカードの基本的な特典を全て受けることができるため、イオン系列の店舗で買い物をされる方に、おすすめできます。

イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクト

イオンカードの特典などについては、イオンカードのメリット(利点)を、よろしければ、参照ください。

 

選ぶときの考え方

イオンカードは、年会費無料です。

このため、イオンカードを選ぶうえで、保有コストは考える必要がありません。

イオンのロゴ

標準的なイオンカードの選び方は、どこまでイオングループのサービスを利用するかで決まります。

イオングループのサービスを多く利用するイオンカードを選ぶことにより、多くの特典を受けることができます。

電子マネーWAONは必要ですか

最初の選択は、電子マネーWAONの機能が必要かどうかになります。

WAONのメリットは大きいので、WAON付きのイオンカードをおすすめします。

WAONのメリットについては、WAON付きイオンカードのメリットを店舗からレポートしますで、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

ハッピーワオン

WAONは、年会費、使用料などの費用は一切かかりませんが、ポイントの還元によるメリットはあります。このため、WAON付きのイオンカードの方が、お得といえます。

現在は、WAONがついていないイオンカードを新規に作られる方は少なくなっています。

 

イオンカードのICチップの有無を比較

また、WAONのついていないイオンカードは、ICチップがついていないため(上記の画像参照)、セキュリティ面では、おすすめできません。

イオンカード(WAON一体型)、イオンカードセレクトには、ICチップがついています。

 

WAONが不要な方

クレジットカード機能のみで十分の方は、イオンカード(WAON機能なし)を作成ください。

イオンカード(WAON機能なし)

イオンカード(WAON機能なし)でも、イオンカードの基本的な特典は、全て受けることができるため、イオン系列の店舗を利用される方には、おすすめできます。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード

 

WAON付きのイオンカードを希望される方

電子マネーWAONがついたイオンカードを希望される方は、次に、お進みください。

イオン銀行に口座を作ってもよいですか

イオン銀行に口座を作り、イオンカードの振替口座にすることにより、標準的なイオンカードの最上位版であるイオンカードセレクトが利用できます。

イオンカードセレクトには、他のイオンカードにはない独自の特典が多くあります。よろしければ、イオンカードセレクトの特徴と活用法を、参照ください。

イオン銀行

なお、イオン銀行に口座をお持ちでない方は、イオンカードセレクトを申し込むことで、同時にイオン銀行の口座も開設されます。

 

イオン銀行の口座開設をされる方

イオン銀行に口座を作ってもよい方には、イオンカードセレクトをおすすめします。

イオンカードセレクトは、イオンカードのクレジットカード機能、電子マネーWAON、イオン銀行のキャッシュカードの3つの機能が1枚になっています。

イオンカードとWAONとイオンバンクカード
イオンカードセレクトの3つの機能

他のイオンカードにはない独自の特典がイオンカードセレクトにはあるため、特典を最大限に受けたい方には、最もおすすめできるイオンカードです。

インターネットからの申し込み限定で、入会キャンペーン中です。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒  イオンカードセレクト

 

よろしければ、イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトの違いも、参考にしてください。

 

イオン銀行の口座開設をされない方

イオン銀行の口座が不要の方は、イオンカードに電子マネーWAONがついたイオンカード(WAON一体型)を作成ください。

イオンカードとWAON

イオンカードセレクトと比べて、利用時の特典は少なくなりますが、イオンカードの基本的な特典に加えて、WAONのメリットも受けられる便利なイオンカードです。

 

インターネットからの申し込み限定で、入会キャンペーン中です。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

55歳以上の方ですか

イオンカードの機能とは別に、年齢により申し込みができるイオンカードがあります。

G.Gマーク付のイオンカードが、それにあたり、55歳以上の方が申し込みできます。

G.Gマーク付のイオンカード
*カード左上にあるマークがG.Gマークです

イオンカード(WAON機能なし)、イオンカード(WAON一体型)、イオンカードセレクトは、55歳以上の方であれば、G.Gマーク付にできます。

他にも、イオンJMBカードが、G.Gマーク付にできます。

G.Gマーク付のイオンカードは、毎月15日(G.G感謝デー)に、イオン店舗での買い物が5%OFFになるなどの特典があります。

GGマークの選択

G.Gマークを希望される方は、申し込み時に、上記の画面で「申込みます」を選択ください。

 

よろしければ、イオンカード(G.Gマーク付)を作るメリット(専門店でお得) も、参照ください。

ディズニー・デザインは希望しますか

デザイン面からの選び方について紹介します。

イオンカードセレクト(ディズニー・デザイン)
ディズニー・デザインのイオンカードセレクトです

イオンカードのデザインは、カードの種類により1つしか選べないのが原則になりますが、例外として、2014年11月に、ディズニー・デザインが選べるイオンカードが誕生しました。

 

ディズニー・デザインのイオンカードは、機能や特典に差はありません。デザインのみが違います。ただし、選択できる国際ブランドは、JCBのみになります。

ディズニー・デザインが選べるイオンカードは以下の2種類になります。

  • イオンカードセレクト(ディズニー・デザイン)
  • イオンカード(WAON一体型/ディズニー・デザイン)

*55歳以上の方は、上記のカードをGGマークつきにできるため、別のカードと数えれば計4種類になります。

イオンカードの申し込み時のデザイン選択
 *イオンカード(WAON一体型)の申し込み画面です

申し込み画面で、お好きなデザインを選択ください。

最後に

イオンカードは、多くの種類が発行されています。

初めてイオンカードを作る方向けに、イオンカードの選び方を紹介しました。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒  イオンカードセレクト

どちらのイオンカードもインターネットからの申し込み限定で、入会キャンペーン中です。

 

他のイオンカードは、公式ホームページのカード一覧をご覧ください。

カード一覧は、こちらよりお願いします ⇒ イオンカード

イオンカードを作る方の参考になれば幸いです。

公開日:2016/02/05


関連記事