クレジットカードで、お得な買い物をしています

普段の買い物で、クレジットカードを使い、お得な割引などを受けています。
実際に使っているクレジットカードの特典などの情報を提供しております。

イオンカードの引き落としはイオン銀行以外にしています

 

イオンカードを作るためには、イオン銀行口座が必要と思われている方はいるでしょうか。

イオン銀行

イオンカードの中には、イオン銀行に口座開設が必要なカードもあります。

 

イオン店舗

また、イオンの店頭でイオンカードを申し込む場合は、イオン銀行の口座開設を勧められるのではないでしょうか。

なお、店頭からの申し込みは、キャンペーンの金額では、お得感が少ないです。

よろしければ、イオンカードの店頭申し込みキャンペーンは、お得ではありませんも、参照ください。

 

イオンカードとイオン銀行の関係などについて、紹介します。

イオンカードを作る方の参考になれば幸いです。

イオンカードとイオン銀行の関係

イオンカードの発行元は、イオン銀行です。

イオン銀行が発行
*イオンカードの裏面です

以前は、イオンクレジットサービスがイオンカードを発行していました。イオングループ内の再編があり、2013年4月より、発行会社はイオン銀行に変更されています。

イオンカードは、銀行が直接発行する数少ないクレジットカードといえます。

また、発行元の変更により、イオンカードのキャッシングは、総量規制の対象から外れました。

*銀行本体が発行するクレジットカードは総量規制の対象外になります

よろしければ、イオンカードのキャッシングは総量規制の対象外(主婦の方向け)も、参照ください。

 

イオンカードの審査を行う会社

イオンカードの審査は発行元のイオン銀行が行います。

イオンカードの審査のイメージ画像

また、実際の審査業務は、イオンクレジットサービスが、多くの部分を受託しているようです。

 

イオンフィナンシャルサービス
なお、イオン銀行およびイオンクレジットサービスは、イオンフィナンシャルサービス(イオングループの金融持株会社)の100%子会社になります。

イオンカードの入会審査について、イオンカードの審査が甘いといわれる理由を紹介しますで、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

イオンカードと引き落とし口座の関係

私は、イオンカード(WAON一体型)を利用しています。

引き落とし口座(振替口座)は、三菱UFJ銀行にしています。

イオンカード(WAON一体型)
利用中のイオンカード(WAON一体型)です

また、イオン銀行に口座を作り、 イオンカードセレクトを利用しようと考えています(イオンカードセレクトへの切り替えを考えています)。

 

イオンカードの種類と引き落とし口座(金融機関)の関係は、以下のとおりです。

  • イオンカードセレクト・・・イオン銀行しか選べない
  • その他のイオンカード・・・金融機関は自由に選べる

 

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトには、イオン銀行のキャッシュカード機能がついています。その前提として、イオン銀行の口座開設が必要です。

イオンカードセレクト2枚
ディズニー・デザインも用意されています

イオン銀行に口座をお持ちでない方が、イオンカードセレクトの申し込みをした場合、一度の申し込みで、イオン銀行の口座も一緒に作られます。

また、引き落とし口座は、イオン銀行に限定されます。

イオンカードセレクトについては、イオンカードセレクトの特徴と活用法で、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

 

追記 イオンカードセレクトに切替をしました

イオン銀行を利用しようと思い、イオンカードセレクトを申し込みました。

イオンカードセレクト

よろしければ、イオンカードセレクトへ切替される方にお知らせしたいことも、参照ください。

 

イオン銀行を利用される方(利用してもよいと思われる方)には、イオンカードセレクトをおすすめできます。

イオンカードセレクトのメリットには、以下のものがあります。

 

優遇金利(普通預金)が適用されやすい

イオン銀行の普通預金の金利は、以下のような「イオン銀行Myステージ」で決まります(2018年8月現在)。

  • 普通預金金利(優遇金利)は、年0.05%、0.1%、0.12%の3段階
  • イオン銀行スコアに基づくステージにより決定(毎月、判定されます)

イオン銀行は普通預金金利がお得

イオンカードセレクトをお持ちの方は、イオン銀行スコアが加算されるため、優遇金利が適用されやすいです(年0.1%の優遇金利は、比較的簡単な条件を満たすことで適用されます)。

注)イオンカードセレクトの保有のみで、無条件に、優遇金利は適用されません。

 

詳細は、お手数ですが、公式ホームページで確認ください ⇒  イオンカードセレクト

 

ゆうちょ銀行のATMが手数料無料

イオンカードセレクト(イオン銀行のキャッシュカード)は、ゆうちょ銀行ATMを、手数料無料で利用できます。

イオンカードがゆうちょ銀行ATMで手数料無料

手数料無料で利用できるATMが多いという点では、イオン銀行は、とても便利だといえます。

よろしければ、イオンカードセレクト、ゆうちょATM手数料が無料になりましたも、参照ください。

 

イオン銀行に口座をお持ちの方、または、イオン銀行を引き落とし口座にしてもよい方には、イオンカードセレクトをおすすめします。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒  イオンカードセレクト

 

その他のイオンカード(イオンカードセレクト以外)

イオンカードセレクトを除き、イオンカードは、引き落とし口座を自由に選べます。

銀行(ゆうちょ銀行も含む)の他に、信用金庫、信用組合、農協などの金融機関でも、引き落としができます。

イオンカード(WAON一体型)2枚
イオンカード(WAON一体型)です

その他のイオンカードとイオンカードセレクトの違いについては、イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトの違いを、よろしければ、参考にしてください。

イオン銀行に口座を作りたくない方には、標準的なイオンカードといえるイオンカード(WAON一体型)をおすすめします。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

(参考)配偶者名義(夫の名義)の口座について

イオンカードセレクトとその他のイオンカードでは、引き落とし口座の名義について、取り扱いが違います。

  • イオンカードセレクト・・・本人名義の口座しか選べない
  • その他のイオンカード・・・配偶者名義の口座も選べる

イオンカードセレクトは、イオン銀行の口座開設が必要なイオンカードです。また、引き落とし口座は、イオン銀行の本人名義の口座しか選べません。

その他のイオンカードは、配偶者名義の口座も、引き落とし口座に選べます。

 

配偶者名義の口座を、引き落とし口座にされる方は、「預金口座振替依頼書」で、配偶者名義の口座を設定ください。

引き落とし口座(振替口座)の設定
*インターネットから申し込み時の引き落とし口座の設定画面です

インターネットからイオンカードを申し込む場合は、引き落とし口座について「書面での口座振替の設定」を選択すると、「預金口座振替依頼書」が郵送されてきます。

*「オンライン口座振替で設定する」を選択すると、本人名義の口座のみの設定になります

ただし、金融機関によって、配偶者名義の口座は、引き落とし口座にできない場合があります(その場合は、イオンカードから連絡があります)。

最後に

イオンカードとイオン銀行の関係などについて、紹介しました。

イオンカードを作るために、イオン銀行口座は必要ではありませんが、イオン銀行口座を開設することで、特典の多いイオンカードセレクトが利用できます。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒  イオンカードセレクト

 

イオン銀行口座が不要な方には、イオンカード(WAON一体型)をおすすめします。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

どちらのイオンカードもインターネットからの申し込み限定で、入会キャンペーン中です。

 

他の種類のイオンカードについても紹介しています。

イオンカードを作る方の参考になれば幸いです。

公開日:2016/06/05


関連記事