クレジットカードで、お得な買い物をしています

普段の買い物で、クレジットカードを使い、お得な割引などを受けています。
実際に使っているクレジットカードの特典などの情報を提供しております。

セブンカードプラスの店頭とインターネット申し込みの違い

 

イトーヨーカドーの店頭では、セブンカードプラスの入会キャンペーンのポスターをみかけます。

イトーヨーカドー店舗のセブンカードプラスのポスター
イトーヨーカドー店舗のセブンカードプラスのポスターです

また、イトーヨーカドー店舗には、セブンカードプラスの申し込みカウンター(受付窓口)があり、店頭で申し込みをされる方も多いのではないでしょうか。

 

私は、インターネットから、セブンカードプラスを申し込み、カードが発行されました。

セブンカードプラス
利用中のセブンカードプラスです

 

店頭の申し込みと比べて、インターネットからの申し込みでは、発行日数とキャンペーンに違いがあります。

また、セブンカードプラスの申し込みに必要なものについても、公式ホームページの説明にそって、実際にセブンカードプラスを作った体験を踏まえて紹介します。

セブンカードプラスを作る方の参考になれば幸いです。

セブンカードプラスの申し込み方法(申し込み窓口の紹介)

セブンカードプラスの申し込みは、下記の3つの窓口より行えます(公式ホームページに記載されています)。

  • イトーヨーカドー店頭
  • 申込書を郵送
  • インターネット(公式ホームページ)

 

イトーヨーカドー店頭

イトーヨーカドー店舗

イトーヨーカドーの店舗には、セブンカードプラスの受付カウンターがあり、会員募集をしています。

申込書を郵送

ポスト

セブンカードプラスの申込書は、イトーヨーカドー、セブンイレブン、ヨークマートなどで配布されています。申込書を記入し、郵送します。

インターネット(公式ホームページ)

パソコン

セブンカードの公式ホームページから、セブンカードプラスの申し込みができます。インターネットからの申し込みのみ、発行日数を短くする方法があります(後述)。

セブンカードプラスを作るときに必要なもの(参考)

セブンカードプラスの申し込みの際、必要なものについて紹介します。

店頭とインターネットの違いについてのみ、お知りになりたい方は、お手数ですが、店頭とインターネットの申し込みの違いに、お進みください。

 

店頭での申し込み

イトーヨーカドー店舗

本人確認書類

イトーヨーカドーの店頭で申し込む際、本人確認書類が必要です。

運転免許証
運転免許証(または運転経歴証明書)をお持ちの方は、提示ください。

運転免許証をお持ちでない方は、以下のものを代わりに使うことができます(入会申込書の「ご用意いただくもの」より)。

  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 住民票
  • 在留カード・特別永住者証明書等

支払口座の通帳、お届け印

銀行口座の通帳

支払口座の設定は、申し込み時ではなく、後日に設定できますが、店頭に、通帳など(口座番号が分かるもの)とお届け印をお持ちであれば、申し込み時に設定できます。

店頭で支払口座の設定をしない場合は、店頭で申し込み後、1週間以内に、支払口座の申込書を郵送する手続きが必要になります。

 

郵送での申し込み

申込書の郵送で申し込まれる方は、本人確認書類と支払口座のお届け印を用意ください。

ポスト

本人確認書類

本人確認書類は、店頭での申し込みで必要なものと同じです。

支払口座の通帳など(口座番号が分かるもの)、お届け印

入会申込書に、支払口座の申込書も添付されていますので、希望される支払口座の口座番号などを記入後、お届け印を捺印ください。

 

インターネットでの申し込み

公式ホームページから申し込みをする場合、以下のものが必要です。

パソコン
申し込み時に、オンラインで支払口座を設定することで、本人確認書類の提出を省略できます。

なお、オンラインで設定できる支払口座をお持ちでない場合でも、後日、書面での設定もできます(発行日数は長くなります)。

オンラインで設定できる支払口座

下記の金融機関の口座をお持ちで、インターネットで利用されている方は、申し込み時に、支払口座も同時に設定できます。

<メガバンクなど>
三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行

<地方銀行>
千葉銀行、広島銀行、福岡銀行、静岡銀行、横浜銀行、西日本シティ銀行、七十七銀行、北海道銀行、群馬銀行、京都銀行、八十二銀行

<インターネット銀行>
ジャパンネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行

本人確認書類とお届け印が不要

銀行のお届け印が不要で、支払口座の設定ができ、本人確認も同時に行われるため、本人確認書類の提示が不要になります。

このため、セブンカードプラスが、最短1週間で発行されます。

申し込み時に支払口座の設定をしない場合

申し込み時に支払口座の設定をしない場合は、下記を返送するための封筒が送られてきます。

  • 本人確認書類
  • 支払口座の申込書(お届け印の捺印が必要)

本人確認書類のコピーなどを返送ください。本人確認に時間がかかるため、カード発行までは、2~3週間になります。

 

学生の方(参考)

どの方法で申し込みをした場合でも、学生の方は、学生証のコピーの提出が必要です。

学生証
また、親権者の同意も必要になります。

 

収入証明書(参考)

セブンカードプラスの申し込みでは、ほとんどの場合、収入証明書は求められません。また、キャッシング枠を希望されない方は、求められることはありません。

しかし、下記の2つの合計が、100万円を超える場合は、収入証明書が必要です。

  • セブンカードプラスの申し込み時に希望したキャッシング枠
  • 他社で、借り入れをしている金額(自動車、住宅ローンは除く)

*貸金業法の総量規制にそった基準といえます

店頭とインターネットの申し込みの違い

店頭とインターネットの申し込みの違いを紹介します。

なお、郵送での申し込み(申込書を郵送)は、店頭での申し込みと大きな違いはありません。

 

発行日数(発行期間)

セブンカードプラスは、即日発行はできません。

カレンダー
どこから申し込みをしても、通常は、2~3週間の発行期間が必要です(公式ホームページより)。

店頭申し込みの発行日数

店頭でセブンカードプラスの申し込みをした場合、発行までに、2~3週間かかります。

インターネット申し込みの発行日数

先ほど紹介したように、インターネットから申し込みをして、申し込み時にオンラインで支払口座の設定をした場合は、発行期間が、最短で1週間になります。

インターネット申し込み時、支払口座の設定をしなかった場合

発行までに、2~3週間かかります。

よろしければ、セブンカードの申し込みから届くまで(流れを日付つきで紹介) も、参照ください。

 

入会キャンペーン

注)2017年3月現在のキャンペーンを比較しています。

  • イトーヨーカドーの店頭・・・最大1,500円相当
  • インターネット・・・最大2,000円相当

店頭の入会キャンペーン

イトーヨーカドー店舗のセブンカードプラスのポスター
イトーヨーカドー店舗の入会キャンペーンのポスターです

複数のイトーヨーカドーの店頭で、セブンカードプラスの入会キャンペーンを確認しましたが、いずれも最大1,500円相当でした。

インターネットの入会キャンペーン

セブンカードプラスの入会キャンペーン
インターネットから申し込み時の入会キャンペーンです

公式ホームページからの申し込みでは、最大2,000円相当のキャンペーンになります。

最新のキャンペーン内容は、お手数ですが、公式ホームページで確認ください。

公式ホームページは、こちらよりお願いします ⇒ セブンカードプラス

入会キャンペーンの違い

セブン銀行

500円相当の違いは、支払口座をセブン銀行に設定した際に、キャンペーンの適用があるかどうかの違いになります。

  • 店頭・・・セブン銀行を支払口座にしてもキャンペーンの適用なし
  • インターネット・・・セブン銀行を支払口座にした場合、500円相当のポイント付与

 

以下の3つについては、店頭とインターネットで違いはありません。

  • 入会・・・500円相当
  • 国際ブランドにJCBを選択・・・500円相当
  • 入会時に「支払い名人」登録・・・500円相当

 

支払い名人

「支払い名人」は、設定した金額を超える支払い額について、リボ払いになる機能です。入会時には、毎月の支払額を5,000円、1万円、3万円、5万円の中から設定できます。

*「支払い名人」は、入会後には、1,000円単位での設定ができます

「支払い名人」の登録は、後から解除ができるので、入会時には登録をして、キャンペーンをもらった後に解除もできます。

まとめ

セブンカードプラスの申し込み方法(窓口)には、イトーヨーカドーの店頭とインターネットがあります。

インターネットから申し込むことで、入会キャンペーンの最大金額が増え、発行日数が短くなります。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ セブンカードプラス

セブンカードプラスを作る方の参考になれば幸いです。

公開日:2017/02/03