無職でも作れるイオンカード(クレジットカード)の記入例

無職の私でもイオンカード(クレジットカード)を作ることができました。
クレジットカードの審査に通るコツやイオンカードの特典などの情報を提供しております。

イオンカードの評判、評価を顧客満足度調査より紹介します

Pocket

 

イオンカード(WAON一体型)を利用しています。

イオンカード(WAON一体型)
利用中のイオンカード(WAON一体型)です

その他にも、イオンSuicaカードなど、複数のイオンカードを利用しています。

イオンカードを複数枚作る際に気になることについて、イオンカードは複数枚(2枚以上)作れますで、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

 

イオンカードを検討中の方は、イオンカードの評判、評価を気にされると思います。

インターネット上には、イオンカードの評判、評価や、口コミといったものが多くあります。参考になる口コミなどもありますが、誤った(勘違いなど)情報もあります。

一方で、日本版顧客満足度指数は、ある程度、客観性が確保されたクレジットカード利用者の満足度になると思います。

 

以下で、2015年12月に発表されたクレジットカードの満足度調査を紹介します。

また、イオンカードの調査結果の順位に対して、私が感じたことも、つけ加えました。

イオンカードの作成を検討中の方の参考になれば幸いです。

イオンカードを含むクレジットカード顧客満足度調査の結果

サービス産業生産性協議会が、2015年12月に発表したクレジットカードのJCSI(日本版顧客満足度指数)を紹介します。

調査対象は、大手クレジットカード会社12社です。

調査対象の大手クレジットカード会社

会社名(アイウエオ順)は、「アメリカン・エキスプレス・カード」、「イオンカード」、「ANAカード」、「OMCカード」、「JCBカード」、「JALカード」、「セゾンカード」、「DCカード」、「NICOSカード」、「VIEWカード」、「三井住友VISAカード」、「楽天カード」の12社になります。

 

クレジットカードの顧客満足度の調査結果
 *サービス産業生産性協議会の報道機関向けの資料より

 

ご覧のように、顧客満足の部門では、イオンカードは、対象12社の6位になっています。評価としては、中間くらいの位置になります。

なお、楽天カードが黒く塗られているのは、各部門で評価が高かったので、サービス産業生産性協議会が色づけしています。

 

各評価部門の意味

  • 顧客期待・・・利用前の印象や予想の評価
  • 知覚品質・・・利用時の品質への評価
  • 知覚価値・・・利用時のコストパフォーマンス
  • 顧客満足・・・利用時の満足度
  • 推奨意向・・・肯定的に人に伝えるかどうか
  • ロイヤルティ・今後も使い続けたいか

 

調査結果におけるイオンカードの評判、評価

イオンカードが6位以内に入っているのは、知覚価値の4位と顧客満足の6位になります。

評判のイメージ画像

知覚価値の4位、顧客満足の6位より、コストパフォーマンスが高いと感じている方が多く、満足されている方も比較的多いといえます。

その他の部門については、他のクレジットカードに比べて、評価が低かったことになります。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

調査結果の原因として考えられること

利用者の一人として、調査結果の原因として考えられることを書かせていただきます。

個人的な感想が多くなりますが、よろしければ、おつきあいください。

 

ときめきポイント

イオンカードの各部門の順位が低めなのは、ときめきポイントの還元率が低い(基本還元率0.5%)など、ポイントの仕組みが影響しているように思います。

注)その後、ポイントの仕組みが大きく変わりました(追記を参照ください)

ときめきポイント

イオンカードを利用されている方で、ときめきポイントには、あまり期待をされていない方も多いのではないでしょうか。

ときめきポイントにお得感がないことについては、イオンカードのデメリット(ユーザーとしての感想)で、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

イオンカードは年会費無料にもかかわらず、サービスの質は高いと感じていますが、やはりポイントの還元に重点をおいて評価される方が多いのではないでしょうか。

 

追記(ときめきポイントが貯まりやすくなりました)

イオンカードのポイントにお得感がないと紹介しましたが、イオン店舗での買い物において、貯まり方が大きく変更されました。

イオン店舗以外では、従来どおり、お得感が乏しいと感じますが、イオン店舗においては、ポイントの貯まり方は魅力的になりました。

 

イオン店舗

主な変更点は、以下のとおりです(2016年6月より)。

  • イオン店舗では、ときめきポイントが、いつでも2倍に
  • 電子マネーWAONのボーナスポイントがイオンカードにも適用に

 

ときめきポイントが、いつでも2倍

従来は、5のつく日のみ、イオン店舗でのポイントが2倍でしたが、毎日、ポイント2倍に変更されました。

 

ボーナスポイントの対象カード

また、電子マネーWAONの支払いでのみ付与されたボーナスポイントが、イオンカードの利用でも付与されるようになりました。

ボーナスポイントは、10%を超える還元率(実質的な割引)のときも多いポイントです。

 

WAON POINTカード(*)も含めて、変更後のポイントの貯まり方について、WAON POINTカードより、イオンカードの方がお得ですで、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

(*)WAON POINTカードは2016年6月より開始されたイオングループの共通ポイントカードです

 

ショッピングセーフィティ保険

コストパフォーマンスが高い(知覚価値が4位)と感じる方が比較的多いのは、年会費無料が評価されていると思います。

また、ETCカードも無料で利用できます。よろしければ、イオンカードのETCカードは発行手数料、年会費が無料ですも、参照ください。

 

さらに、年会費無料にもかかわらず、購入後180日間、購入商品の破損などが補償されるショッピングセーフィティ保険がついていることが評価されているのかもしれません。

イオンカードについている保険

イオンカードの保険、補償について、イオンカードは年会費無料ですが、すごい保険、補償つきですで、紹介していますので、よろしければ、参照ください。

 

イオン店舗での買い物における特典

イオンカードの特典により、イオン店舗で、お得な買い物ができます。

お客さま感謝デー

イオン店舗での主な特典は、以下のとおりです。

  • お客さま感謝デー(毎月20、30日)の5%OFF
  • ありが10デー(毎月10日)のポイント5倍
  • ときめきポイントが、いつでも2倍
  • G.G感謝デー(毎月15日)の5%OFF(55歳以上の方限定)
  • その他の日でも、イベントで特典が適用される日あり(週末など)

イオンカードの特典については、よろしければ、全てのイオンカードに対応する特典の一覧表を作りましたも、参照ください。

 

また、イオンカード会員に送られてくる割引パスポートも魅力があります。

サンキューパスポート
割引パスポートのサンキューパスポートです

対象商品などに制限がありますが、イオン店舗で、5または10%OFFでの買い物ができます。

割引パスポートについては、イオンカードの隠れた特典のパスポートについてを、よろしければ、参照ください。

 

イオンカードは、イオン店舗以外での利用では、お得に感じる機会は少ないかもしれません。しかし、イオン店舗での買い物では、お得な特典が多く受けられます。

今回の調査で、イオンカードの顧客満足度が中間くらいの順位にあるのは、イオン店舗での買い物では、おおむね満足されている方が多いからではないでしょうか。

最後に

イオンカードの顧客満足などの調査について紹介しました。

ポイントの還元率などの問題で、イオンカードは比較的低い順位になっていると感じますが、イオンで買い物をされる方には、おすすめできるカードです。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

 

イオンカード(WAON一体型)より、特典の多いイオンカードセレクトも、おすすめです。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカードセレクト

イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトの違いも、参考にしてください。

どちらのイオンカードもインターネットからの申し込み限定で、入会キャンペーン中です。

 

他の種類のイオンカードについても紹介しています(イオンカードは複数枚作れます)。

イオンカードの評判、評価の情報をお求めの方の参考になれば幸いです。

Pocket

公開日:2016/03/07