無職でも作れるイオンカード(クレジットカード)の記入例

無職の私でもイオンカード(クレジットカード)を作ることができました。
クレジットカードの審査に通るコツやイオンカードの特典などの情報を提供しております。

イオンカードは年会費無料ですが、すごい保険、補償つきです

Pocket

 

イオンカードは年会費無料ですが、他のクレジットカード会社のゴールドカードにも負けない保険、補償がついています。

イオンカードの保険

イオンカードの大きなメリットといえるショッピングセーフィティ保険などについて、紹介します。

イオンカードを利用中の方、作成を検討中の方の参考になれば幸いです。

ショッピングセーフィティ保険

ショッピングセーフィティ保険とは

イオンカードのクレジット決済により購入した1品5,000円以上の商品を対象として、偶然による事故(破損事故、火災事故、盗難事故など)により、購入日から180日以内に被害を受けた場合、購入金額の全額が補償されます。

ショッピングセーフィティ保険による補償

ショッピングセーフィティ保険は、他のクレジットカード会社のゴールドカード並みか、それ以上に、お得で強力な保険です。

年会費が高額なクレジットカードであれば、似たような補償もありますが、イオンカードは年会費無料です。しかも、180日と期間が長く、自己負担金がなく全額が返ってきます。

年間の限度額は50万円です(イオンゴールドカードは300万円)。

なぜ、年会費無料で、ここまでの保険がついているのか不思議に思うくらいの内容です。

パソコン

壊れやすいスマホやパソコン、デジタルカメラなどは、イオンカードでの購入を検討ください。不注意で壊した場合も、全額、代金が返金されます。

ショッピングセーフィティ保険の対象から除外になる商品として、貴金属類、コンタクトレンズ、自転車などがありますが、スマホやパソコン、デジタルカメラは対象になっています。

スマホをイオンカードで購入して、5カ月後に落として壊した。このような場合、ショッピングセーフィティ保険が、全額、補償してくれます。

WAONでの支払いは対象外

イオンカードについている電子マネーWAON、イオンSuicaカードのSuicaなど、クレジット払い以外での支払いは、対象になりませんので注意ください。

WAON機能なし

電子マネーWAONのついたイオンカードをお持ちの方は、WAONで支払いをされている方も多いと思いますが、ショッピングセーフィティ保険をつけたい商品を購入の際は、WAONではなく、イオンカードで購入ください。

購入時の利用控えは保管が必要

利用控えは、本来、一定期間の保管が望ましいものですが、捨ててしまう場合もあるかと思います。

購入時の利用控え

ショッピングセーフィティ保険の対象の事故が起きた場合、利用控えがないと、円滑に補償されない場合があります。

ショッピングセーフィティ保険を意識して、イオンカードで購入した商品の利用控えは、大切に保管ください。

 

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

クレジットカード盗難保障

クレジットカード盗難保障とは

紛失または盗難により、イオンカードが不正使用された場合、発行元のイオン銀行がカード紛失の届け出を受理した日を含めて61日前にさかのぼって、その後に発生した損害額について全額が補償されます。

盗難

届出は早めに

61日前にさかのぼって補償されるため、通常は問題ないと思いますが、盗難などに気づくのが遅い場合、補償されない恐れがあります。

紛失、盗難の際は、イオンカード発行元のイオン銀行への届け出とともに、最寄の警察署に紛失、盗難届けを提出ください。

 

不正利用された体験の紹介

一度だけですが、クレジットカードを不正利用されたことがあります。

インターネット上でカード情報を盗まれたと思われます。かなり前の話なので、現在は、そのような危険は少ないかもしれません。

異常な請求に気づきましたので、カード会社に連絡して、全額が補償されました。

注)不正利用されたのは、イオンカードではありません

 

電子マネーWAONの不正利用はどうなるのか(参考)

イオンカードを紛失、盗難の際、一体化している電子マネーWAONの残高は、補償されるのでしょうか。

waon

電子マネーWAONについては、紛失、盗難時に、不正利用された場合でも、補償はありません。

単独の電子マネーWAONカードでも同じです。

紛失、盗難時のWAONのオートチャージについて

イオンカードと一体化しているWAONのオートチャージは、暗証番号などは不要で、レジで自動入金されます。

WAONのオートチャージ

 

紛失、盗難時のWAONのオートチャージの不正に対する補償は、以下のとおりです。

  • クレジットチャージのイオンカード・・・補償される
  • イオンカードセレクト・・・補償されない

イオンカードのWAONのオートチャージは、原則としてクレジット払いのため、クレジットカード盗難保障により、オートチャージされた金額について、補償されます。

イオン銀行

しかし、イオンカードセレクトは、クレジット払いではなく、イオン銀行口座から引き落としでオートチャージされるため、クレジットカード盗難保障が適用されません。

なお、イオンカードセレクトのオートチャージは、1日1回までの制限があり、短時間に無制限の不正利用ができない仕組みになっています。

よろしければ、電子マネーWAONのオートチャージ回数の制限がある理由(紛失、盗難時の補償)も、参照ください(イオンカードセレクトと他のイオンカードの違いになります)。

最後に

イオンカードは年会費無料ですが、ショッピングセーフィティ保険、クレジットカード盗難保障という保険、補償が充実しています。

特に、ショッピングセーフィティ保険は、補償内容が強力です。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカード(WAON一体型)

 

イオンカード(WAON一体型)より、特典の多いイオンカードセレクトも、おすすめです。

お申し込みは公式ホームページよりお願いします ⇒ イオンカードセレクト

イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトの違いも、参考にしてください。

どちらのイオンカードもインターネットからの申し込み限定で、入会キャンペーン中です。

 

他の種類のイオンカードについても紹介しています(イオンカードは複数枚作れます)。

イオンカードを利用中の方、作成を検討中の方の参考になれば幸いです。

Pocket

公開日:2016/01/13